アロンアルファが手や服にくっついてしまった場合の対処法 くっつかないための工夫

瞬間接着剤のアロンアルファ。
便利ですよね~。

さまざまな用途に使えます。

・落として割れてしまったものをくっつけて直す
・日曜大工
・子供の工作

くっつけたい物に少しつけて、チョッとの時間押さえておいてあげれば、あら不思議。
ピタッとくっついてくれます。私もことあるごとに、チョコチョコ使っています。

でもアロンアルファを使う時って、気合いがいります。アロンアルファは瞬間接着剤なので、失敗したら当然、元に戻すことは難しいですね。

また、指にくっついたらたいへん! と思いながらおそるおそる使っています。

アロンアルファが指についてしまうと、カピカピになってはがれなかったり、指と指がくっついてしまったりなど、「しまった~ッ!」と焦りまくるのは目に見えていますから。

今回はそんな瞬間接着剤アロンアルファが指についてしまった場合にも焦ったりあわてたりすることがないように、お役に立つことをご紹介いたします。

・アロンアルファが指についてしまった場合の対処方法
・やアロンアルファを使う前にしておくと良いこと
・アロンアルファが服についてしまった場合のはがし方

などについてご紹介しますね。
テレビで紹介された方法や、アロンアルファのメーカーの方からの情報も盛り込んでいます。必見ですよ。

アロンアルファが指についた場合のはがし方をご紹介

アロンアルファが指についてしまい、万が一指と指がくっついてしまった場合には、絶対に無理やり力任せにはがそうとしてはいけません。

くっついた部分の皮膚がむけてしまう怖れがあります。皮膚が向けたら痛いですよ。
あせる気持ちを抑えてあわてず対処しましょう。

アロンアルファが指にくっついてしまったらお湯につけてはがず

万一指と指がくっついてしまった場合には、お湯につけてはがすという方法があります。

40℃以上のお湯に指をつけます。

やや熱めのシャワーを設定する時の42℃程度の温度でしたら、やけどの心配おなく、く安心して使えます。蛇口から流れるお湯に指をあてても、いったん洗面器やボウル、コップなどに溜めたお湯に浸しても、どちらでもOKです。

お湯につけた指をもむように、少しづつ動かしながらはがしていきます。お湯で温められた指先の汗腺から汗が少しづつ出て来て、アロンアルファが徐々にはがれくれるのです。

指についてカピカピに固まってしまったアロンアルファも、お湯で同じようにはがせます。お湯に指をつけながらこすってあげれば溶けるようにはがれていきます。

あわてて無理にこすりすぎると、皮膚が荒れてしまう原因にもなります。いつかは必ずはがれますから、焦る必要はありません。少しづつ優しくこすってあげれば大丈夫です。

アロンアルファがチョッとだけついてしまったくらいなら、放っておいても自然とはがれてくれますから心配ありません。

アロンアルファが指にくっついてしまったら除光液をつけてはがず


マニキュアをはがすときに除光液は必需品ですね。この除光液は、指についたアロンアルファをはがすのに効果があるんです。

爪のマニキュアをはがす時と同じように、指についたアロンアルファに除光液を塗るだでOK。徐々にに溶けるようにはがれていきます。

ただし、除光液は成分的には刺激が強いので、皮膚が刺激に敏感な方や、そもそも指先が荒れてしまっているような時にはおススメできません。先に紹介したような「お湯につける」方法を試されたほうが安心です。

スポンサーリンク

アロンアルファのはがし液を使ってはがす


アロンアルファが指についてしまっても、お湯につけたり、除光液などではがすことが出来るのですが、アロンアルファの「はがし液」という商品もあります。ホームセンターなどの瞬間接着剤コーナーで紹介されていることがありますので、もしもの時を考えて事前に購入しておくのも良いかもしれません。

はがし液の使い方としては先の除光液と同じような感じで、アロンアルファがついてしまった部分に塗ってあげることで、固まったアロンアルファが徐々に柔らかくなってくるので、指と指がくっついている場合には、少しづつ揉むように動かしてはがしていけばOKです。

アロンアルファを使う前にしておくと良いこと


アロンアルファを使う前にしておくと、指につかなくなるという裏技的な良いことがあります。
それは、「アロンアルファを使う前に指先へハンドクリームを塗っておく」というもの。
これは、アロンアルファのメーカーの方から紹介されている情報なので、確かなものと言えるでしょう。

テレビ番組を通じて紹介された実験ですが、

実験
①木片にアロンアルファを2箇所つける
②1箇所には別の木片を、もう1箇所にはハンドクリームを塗った指をつけてみました
③さすがアロンアルファ、木片同士はシッカリとくっつきましたが、ハンドクリームを塗った指は簡単に離れてしまいました。
理由は、ハンドクリームに含まれたワセリンやセタノールといった脂分が指の皮膚に膜を張ってくれるので、アロンアルファがたとえ指についても接着効果が得られないというわけです。

「ハンドクリームを事前に塗っておくことで指についても大丈夫」というこうとを、次にアロンアルファを使う時までしっかり覚えておきたいと思います。

アロンアルファが服についた場合のはがし方

クリーニング店へ依頼

万一大事な服にアロンアルファがついてしまった場合には、クリーニング店など専門の業者へ依頼するのが一番です。

服の線維にまで浸透してしまったようなアロンアルファを完全にはがすことは、私たち素人ではほぼ不可能です。アロンアルファがついてしまった服の状態を見せ、どれだけはがせる(回復できる)かを確認してから依頼しましょう。

除光液またはベンジン

指についてしまった時と同様です。服にアロンアルファがついてしまった時も、除光液ではがすことが出来る場合もあります。除光液の代わりに、ベンジンも使えます。

アロンアルファが服についてしまった場合のしみ抜き方法
①アロンアルファがついた部分の下にガーゼを敷く
②除光液を染み込ませたガーゼをトントンと服の線維へ叩き込んでいく
③ガーゼを交換しつつ、アロンアルファが解けだしはがれるまで繰り返す

この除光液でアロンアルファがはがせるのは、なぜなのでしょう。

除光液に含まれる「アセトン」という成分のおかげなのです。

除光液の原料の1つであるアセトンを原液のまま使うことで、アロンアルファをさらに強力にはがすことが期待出来ます。アセトンは、ホームセンターなどで扱っていることが多いので店頭で相談してみましょう。

はがし方の手順については、除光液を使ったはがし方と同じです。(除光液のパワーアップ版といったところでしょうか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。