紫外線によるシミ・シワを防ぐための対策が必要な時期と時間は

紫外線、お肌に悪そうでこわいですね。
春から初夏は紫外線が1年中で一番強いというイメージがあります。

では、この時期だけ対策していればいいのか・・・。
どうもそうではないようです。

我が家の近くの皮膚科に勤めている色の白くてきれいな看護師さんたちは、外に出るとき、完全防備の紫外線対策をしています。

やっぱり、あそこまでやらなくちゃだめなのかなぁ。
と思いながら、ついついすっぴんで外に出かけてしまう私。
だめですね。

紫外線って確かにお肌に悪いんですね。どういう仕組みでダメージを与えられるんでしょうか。また、紫外線が強い季節はいつなのか、時間帯はいつなのか、対策しなければならない時期は?
についてお話しますね。

紫外線はシミやシワの原因になる

紫外線には、UVB と UVA の2種類があります。
A波は波長が短く、B波は波長が長いんですね。

UVB(紫外線B波)とは
・地表へ届く紫外線の約5%を占める

・波長が短い 肌の奥までは届かない

・UVAよりエネルギーが強い 火傷のような炎症を起こす

・日焼けや炎症、しみ・そばかすの原因になる

UVA(紫外線A波)とは
・地表へ届く紫外線の約95%を占める

・波長が長い UVBよりエネルギーは弱い

・浸透力があり肌の表面だけでなく奥の真皮まで届く

・コラーゲンやヒアルロン酸などを作る肌の奥の細胞に影響を与える

・ハリや弾力を失い、シワやたるみの原因になる

というわけで、紫外線はA波、B波どちらも対策しなければなりません。

紫外線の強い季節 対策が必要な時期は

スポンサーリンク

シミやシワが気になる場合、1年中紫外線対策が必要

紫外線対策は1年中必要

紫外線はシミやシワの大敵!
しっかり防ぐためには、やはり近所の皮膚科の看護師さんたちのように、1年中がっちりと紫外線ガードすることが必要です。

でも、とくに強い時期はいつなのでしょう。

3月~9月

がとくに紫外線対策が重要な時期となります。この中でも、特別紫外線が強いのは 5月~7月

3月~9月の次に紫外線が強い時期は、

10月~11月

ということで、とくに気をつけなければならない時期は 3月から始まって11月ごろまでとなります。
11月まで気を抜けないので、なかなかたいへんですが、お肌のためにがんばりましょう。

紫外線がお肌に悪い時間帯は?

誰もが考えるように、お日さまがさんさんとふりそそぐ時間帯が紫外線の量が多いのです。
具体的には

10時~14時

となります。

これは、曇りの日でも雨の日でも同じです。紫外線は、雲を通過して私たちのところまでやってくるからです。

まとめ

紫外線のダメージによるシミやシワを防ぐためには、気を抜ける時期はないということがわかりました。
中でも、とくに気をつけなければならない時期は

3月~11月

時間帯は、お日さまが照っている時間、ということですね。

紫外線を防ぐ具体的な方法についても追ってご紹介する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。