夏のお弁当を傷ませない工夫やグッズ 簡単にできるご飯対策など

日中の気温が25℃を超える頃から、お弁当も悪くならないか気になってきますね。

でも、慌てなくもだいじょうぶ。
夏のお弁当作りには、お弁当を悪くしないために工夫ができる数々の方法があります。

ここでは、

・お弁当を作る前にできること
・ご飯対策
・その他の工夫

についてご紹介します。

お弁当を傷みにくくするグッズもたくさんあります。

夏のお弁当を傷みにくくするためにお弁当を作る前にできる対策

お弁当箱をしっかり除菌する

弁当箱をしっかり除菌することが大切です。

熱に強いお弁当箱であれば、煮沸消毒が効果的です。

お弁当箱を洗うスポンジも除菌する

弁当箱を洗うスポンジに関しても除菌しておくことが大切です。熱湯消毒ししっかり乾かす、日光にあてて除菌する、漂白剤・洗剤を使って除菌する…しっかり除菌して弁当箱をきれいな状態にしておきましょう。ふきんの除菌も忘れずに!

夏のお弁当を傷みにくくするごはん対策

梅干しを入れる

ツナマヨや昆布より腐りにくいと言われている梅干しを入れておくのも手です。ただ、梅干しが触れている部分しか効果が無いそうなので…細かくして混ぜ込むのが一番効果的ですね。ちなみに塩分濃度の低い梅干しではあまり効果がありません。

ごはんを炊く時にほんの少しだけ酢を入れる

ごはん1合につき小さじ1杯くらいの酢を入れてごはんを炊きます。酸っぱくなるんじゃないの!?と不安に感じるかもしれませんが、酢特有の酸っぱさは炊いた時にきちんと消えるのでご安心を。そうすることでいたみにくいごはんができあがります。

冷ましてからお弁当箱に入れる

時間がないとどうしてもホッカホカの状態のまま弁当箱に詰めてしまいがちですが、きちんと冷ましてからお弁当箱に詰めたほうがいたみにくくなります。ごはんだけでなくもちろんおかずも。きちんと冷ましてから詰めるといいですね。

自然解凍OKの冷凍食品を凍ったまま入れる

最近では自然解凍OKの冷凍食品も売られています。そういうものを利用するのもひとつの手ですね。
冷凍されたおかずそのものが保冷材の役割をしてくれます。そして、食べごろにはちょうど良く融けておいしくいただけます。

ちなみに調理の時はしっかり加熱を!しっかり加熱したものを冷まして入れることがたいせつです。

夏のお弁当を傷みにくくするグッズや工夫

市販のお弁当用抗菌シートを使う!

お弁当の上にのせるだけでいたみにくくしてくれる、市販のお弁当用抗菌シートを使うのもおすすめです。今はスーパーや100均で簡単に手に入るのがうれしいですね。

のせるだけで安心、とはいきませんが、他のさまざまな手段と一緒に活用すれば、傷みにくくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

お弁当箱に保冷剤をあてる

10℃以下だと菌が繁殖しにくくなるんですよ。ケーキ屋さん等でもらう保冷剤を取っておいて、弁当のまわりにいくつか配置しておけば安心ですね。

凍らせたペットボトルを一緒にいれておくのもおすすめ。
溶けたらお昼に一緒に飲むことができますし。

ちなみに、こ~んなかわいい保冷材も市販されています。 ↓

弁当箱を置いておく場所も大切

ロッカールームが灼熱地帯、という場合は、可能であればオフィスまで弁当を持っていくことをおすすめします。クーラーのついた部屋に入れておいたほうが断然安心ですね。多分、理由を言えば断られることはないはずです。いたんだお弁当を食べて調子を崩していたら会社としても意味がありませんからね。持ち込んでもOK、となるよう上司に相談してみましょう。

でも、お子様のお弁当はそうはいきません。学校ってクーラーがきいていないところのほうが多いです。
我が子のためには、ひたすら保冷材やお弁当の内容で気をつけてあげなければなりません。

まとめ

たかが弁当、されど弁当。

楽しみなお昼の時間なのに、お弁当を食べることで調子を悪くしてしまうとその先お弁当を食べるのが怖くなってしまいます。そうならないためにもしっかり対策しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。