ガムでダイエットができるってほんと?その効果や方法は?

ガムをかむことでダイエットが得られるというのはほんとうでしょうか。

確かに、噛むことにはいろいろな効能がありそうです。
また、ガムそのもののカロリーはわずかなものです。

ガムをかむことの効能とはどのようなものがあるのか。
ガムダイエットはほんとうに効果があるのか。
あるとしたら、どのような方法で行えばいいのか。
効果的なガムは何か。

について調べてみました。

ガムをかむことの効能

アメリカの野球選手がガムをかみながらバッターボックスに立つ姿。
子供のころ、とても違和感を持ってTVで見ていました。
お行儀悪いな、
と思っていたのですが、後になって、

「あれは緊張をほぐしてうまくバッティングができるようにガムをかんでいるんだよ。」

と誰かに教えてもらい、

「へぇ。」

と思ったことがありました。

実は、ガムをかむのには、下記のようなさまざまな効能があるようです。

脳が活性化
虫歯予防
小顔効果
ダイエット
眠気がとれる

ガムをかむことで、満腹中枢が刺激されたり、あごを動かすことで小顔になったり、集中力を高めることもできるとか。

それでは、ダイエットには効くのでしょうか。

ガムにダイエット効果はあるの?

ガムをかむことで満腹中枢が刺激される

ガムをかむことによって満腹中枢が刺激され、空腹感を抑える効果があります。そのために食べる量を減らすことができるのです。

ものをかむこと、つまり咀嚼(そしゃく)によって、咀嚼筋が刺激され、脳内のヒスタミンの分泌を促します。このヒスタミンに、満腹感を強め、食欲を抑制する作用があるのです。

また、単調なリズムで咀嚼(そしゃく)することにより、脳内にセロトニンという神経伝達物質を増やし、満腹中枢を刺激するのだそうです。

ヒスタミンには内臓脂肪を減らす作用もある

ヒスタミンには、食欲の抑制だけでなく、脂肪の分解と燃焼を促す効果もあるとのこと。

つまり、よくかんでヒスタミンを増やせば、ダイエット効果が期待できるということです。

また、小腹がすいたときにも、ガムをかむことで間食代わりになり、余計な間食を摂らずにすみます。

ガムそのもののカロリーは、キシリトールガムの場合わずかに3kcalほどです。

ガムをかむことで唾液の分泌量が増える

食事の前にガムをかむことで、より唾液が分泌されやすくなります。
唾液は消化液のひとつなので、食事中の唾液量が増えるということは、消化がスムーズになるということです。したがって、胃腸の働きも活性化します。

つまり、便秘の解消にも役立つのです。

これも、ダイエットには効果的ですね。

ガムダイエットのやり方は?

ガムダイエットの方法はとても簡単です。

・食事の30分~1時間ほど前にガムをかむ

・間食をしたくなったときにガムをかむ

ガムダイエットの注意点は?

とっても簡単にできるガムダイエットですが、
注意する点はどんなところにあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ガムそのものを食べ過ぎない

ガムの食べ過ぎによって気持ちが悪くなってしまう場合もあるようですので気をつけましょう。

おおよそ、1日10粒が最大と考えるのがよいようです。

ガムを強くかみ過ぎない

ガムをあまりに強くかむことを続けると、摩擦で歯がすり減ってしまうことがあります。すり減るほど強くかまないようにしましょう。

ガムを片側の歯だけでかまない

片方の歯ばかりでかんでいると、歪みができてしまいます。

顔の片側の筋肉ばかりが発達して顔のラインが歪んでしまわないよう、左右均等にかむようにしましょう。

ガムダイエットをする際におすすめのガムは?

どのガムを選ぶかは、それほどこだわることではありませんが、
カロリーを気にするのなら、やはりカロリーが低めのキシリトールガムがおすすめ。

キシリトールガムでは、甘味料として、砂糖の4分の3のカロリーしかないキシリトールが使われています。

また、甘みがあるにもかかわらず、砂糖とは異なり、虫歯になりにくい性質を持っているので、頻繁に口にして虫歯になるのでは、という心配も無用です。

したがって、ダイエットガムとして選ぶのには、キシリトールガムが一番適しているといえます。

さらに、ミントに食欲を抑える効果もあるので、ミント系のキシリトールガムがおすすめのガムです。

まとめ

ガムをかむことによって、食べ過ぎを防いだり、間食を我慢したりすることができ、ダイエットには効果がありそうだということがわかりました。

他にも、ガムをかむ効能としては、小顔効果もあるとか。

私も、糖尿病対策のひとつとして、このガムダイエットにチャレンジしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。