「おはぎ」と「ぼたもち」と「あんころもち」の違いは?

「おはぎ」と「あんころもち」って違いはあるの?

子供のころ、

「春のお彼岸のときは ぼたもち」
「秋のお彼岸では おはぎ」

って言うんだよ、と教えてもらったことがあるような気がします。
でも、スーパーに行くと、年がら年中「おはぎ」と書いて売られています。

とってもおいしそうで、ときどき買ってしまいますが、
ふと「おはぎ」と「ぼたもち」の違いについて思い出してみたら気になって気になって。

詳しく調べてみました。

「おはぎ」と「ぼたもち」は季節によって呼び方が違うだけ

基本的は、「おはぎ」と「ぼたもち」は同じもののようです。
では、どうして呼び方が違うの?
どう使い分ければいいの?

どうやら季節によって呼び方が変わるのですね。

春は「ぼたもち」と呼ばれます。

「牡丹餅」と書いて、春の彼岸の頃に咲く牡丹の花に似ているところから名付けられたようです。

秋は「おはぎ」と呼ばれます。

「御萩」と漢字で書くと、秋の彼岸の頃に咲く萩の花になぞられているとわかりますね。

実は耳慣れないのですが、夏と冬にちなんだ呼び名もあるようです。

夏は「夜船(よふね」と呼ばれるとか。

これは、おはぎ(ぼたもち)を作る際には、お餅のように杵を使ってはつかないため、作るときに音がしない、したがっていつついたかわからない、ということから

「つき知らず」

とも呼ばれ、さらに、夜は暗くて船がいつ着いたかわからないから

「着き知らず」

と音をかけて、ここから「夜船」と呼ばれるようになったそうです。なかなか風流な言葉遊びがもとになっているのですね。

冬は「北窓(きたまど」と呼ばれます。

こちらも、同じ「つき知らず」とう音の言葉遊びから発しています。

北の窓からは着きが見えないので、

「月知らず」

という音をあてて、「北窓」となったそうです。

日本人の言葉遊びのおもしろさと、風情を感じます。

「おはぎ」と「ぼたもち」を大きさや材料の種類の違いで呼び分けることも

大きさの違いから

萩の花は小さいので、「おはぎ」は小さ目に。
牡丹の花は大きいので、「牡丹餅」は大き目に。
と大きさに違いと持たせて作ることもあるようです。

あんの種類の違いから

「おはぎ」には粒あん。・・・・・秋
「ぼたもち」にはこしあん。・・・春
という使い分けをすることもあるそうです。

これは季節とも多少の関係があります。

スポンサーリンク

秋の小豆は、収穫されたばかりでまだ、皮もやわらかいので、秋の「おはぎ」には粒あんと使うというのです。

また、春の小豆は冬を越していて、皮が硬くなってきているので、春はあんをしっかりつぶしたこしあんを使うのだそうです。

「あんころもち」は「おはぎ」や「ぼたもち」とは違うの?

では、昔話などにも登場する「あんころもち」は、
「おはぎ」や「ぼたもち」とは異なるものなのでしょうか。

これについては、ウィキペディアに、とってもわかりやすく説明されています。 ↓

餅を小豆でできた餡で包んだもの。餡が餅の衣になっていることから「餡衣餅(あんころももち)」と呼ばれ、それが「あんころ餅」になったという説がある。おはぎ、牡丹餅と同一視されることもあるが、中身が完全な餅であるという点でそれらとは区別されていることが多い。

関西や北陸地方(特に京都・金沢)を中心に夏の土用の入りの日にあんころ餅を食べる風習があり、別名「土用餅(どようもち)」と呼ばれる。

発祥は定かではないが、ウナギを食べるのと同様に、土用餅を食べて精を付けて夏の暑さを乗り切るためとされている。

江戸時代に、疲れた旅人が食べやすい様に一口サイズになったともいわれている。

日本各地に分布し、土産菓子としても使われることが多い。
ウィキペデアより

有名な「あんころもち」には、
伊勢名物の「赤福」「御福餅」などがあります。

これらは、賞味期限がたいへん短いため通販はされておらず、現地に行くか、現地近くのおみやげやさん、デパートなどの名産品売り場でしか買うことができません。

まとめ

お餅とあんこの組み合わせ。

日本人が考えた最高のお菓子だと思います。
食事代わりにもなりますね。

ちょっとカロリーは気になりますが、日本の伝統としてたいせつにしていきたいと思います。

これからは、呼び名の由来も思い出しながら、季節の風情とともに楽しみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。