七五三の由来と意味は?11月15日にお祝いする理由は?

11月は七五三参りの時期。
七五三とは、子供がつつがなく育ったことを神様に報告し、感謝する行事。

親にとっては、とても嬉しい行事です。

かわいい我が子にきれいな着物を着せて、
神社のお参りしたり、写真を撮ったり、
お祝いのお食事したり。

子供にとっても、千歳飴は特別な思い出になるのではないでしょうか。

七五三の由来について、もう少し詳しく知りたいな、と思い調べてみました。

七五三をお祝いする年齢と時期は?

七五三(しちごさん)を祝う年齢は 子供が 7歳、5歳。3歳 になったとき。
男の子、女の子は、それぞれ次の2回ずつお祝いすることになっています。

男の子・・・3歳、5歳、7歳

女の子・・・3歳、7歳

お祝いの時期は、11月15日。

現在では、11月中に神社にお参りに行くのが普通になっています。

七五三の由来は?

七五三の起源は、平安時代にまでさかのぼると考えられています。
3歳、5歳、7歳それぞれの年齢で子供の成長をお祝いすることは平安時代からあったようです。けれども、これらのお祝いは、現在のように11月15日に行われるものではなく、それぞれ別の日に行われていたようです。

このお祝いが、七五三の体裁をもつようになった始まりとしては、、天和元年11月15日(1681年12月24日)に「お犬様」で有名な、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉(とくがわ つなよし)が、長男・徳松(とくまつ)の健康を祈ったことに由来するとのことです。

これをきっかけに、宮中や公家の儀式であったものが、江戸時代のころから武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされています。さらに明治時代になると、子供の成長と幸せを願うお祝いとして一般にも普及していきました。

七五三はなぜ3歳、5歳、7歳でお祝いするの?

当時は乳幼児の死亡率が高かったため、生まれてから3〜4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録していました。そのため、七五三のお祝いは今まで無事に成長したことへの感謝と幼児から少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたということです。

七五三なぜ11月15日にお祝いすると決められたの?

では、七五三のお祝いの日として11月15日が選ばれたのはなぜなのでしょうか。これには諸説があるようです。

収穫月と満月
旧暦の11月は農作物の収穫が終わり、その実りを神様へ感謝する月です。そして、15日は満月となる日です。この日に収穫への感謝と、子どもの成長への感謝をあわせて行なうことにしたとのことです。
旧暦の毎月15日は鬼宿日
旧暦の毎月15日は鬼宿日(きしゅくにち、きしゅくび)にあたります。「鬼宿日」は婚礼以外は万事に吉という日でもあることからこの日が選ばれたと言われます。

スポンサーリンク

現代の七五三のお祝いは11月15日にこだわらない

現代では、七五三のお祝いは11月15日にこだわらなくなっていますね。

神社では、11月いっぱいを七五三の参拝受付けとしているところが多いようです。
記念写真に至っては、前撮りとして、春ごろから宣伝をしていますね。

神社へのお参りも、11月の1か月間の中で、家族や子供の都合にあった日に行なわれるのが普通になってきました。

11月15日に限らず、親が子供の成長を喜ぶ気持ちは、いつの時代も同じですね。家族みんなで、かわいい子供にきれいな着物や洋服を着せてお祝いし、子供の成長への幸せと感謝を感じることができる貴重な記念の日だなぁ、と思います。たいせつに守っていきたい行事ですね。

七五三の意味は?

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いをするようになった七五三.
それは下記のような由来によるものです。

3歳 「髪置の儀(かみおきのぎ)」
昔は、乳児の間は病気を予防するために3歳までは、髪をそって坊主頭にしておく風習がありました。3歳になると髪を伸ばし始めます。そのための儀式が「髪置」です。
5歳 「袴着の儀(はかまぎのぎ)」
平安時代には、3~7歳の間に子供が初めて袴をつける儀式を行っていました。
江戸時代になって、男児が初めて袴を着ける儀式を5歳で行うようになりました。この袴をつける儀式が「袴着の儀」です。
7歳 「帯解の儀(おびときのぎ)」
女児が
子供用の着物と帯・・・三つ身の着物と付け帯
から
大人と同じ着物や帯・・・四つ身の着物と普通の帯
へ変える儀式です。

この儀式が幼女から少女への節目となり、数えで七歳頃に行われます。

これらは、当初宮中や公家の儀式だったものが、
武家の儀式となり、さらには一般庶民にも広まって現在のような行事となったのです。

「七五三」という言葉が使われるようになったのは明治時代になってからです。

※地方によっては、男の子は5歳のみ、女の子は3歳と7歳にお祝いする、というところもあります。

まとめ

日本で脈々と受け継がれてきた七五三。

子供の成長を願う親の気持ちは、時代を超えて共通のものですね。
昔から人々が我が子の成長にこめてきた思い。
そういった思いをたいせつにして、我が子の成長を感謝しお祝いしてあげたいなぁ、
とあらためて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。