お歳暮を贈る時期はいつまでがマナー?

お歳暮の時期はいつからいつかまでに贈るのが正しいの?
なんだか毎年時期が早くなっている気がするけれど

実際、宅配便やさんでは、
12月1日が目のまわるような忙しさということです。

デパートからのお歳暮品が、12月1日にいっきにきて、
考えられないほどの忙しさになるそうです。

でも、以前はもう少し遅かった気がするのですが・・・。
お歳暮を贈る時期のマナーとしてはいつがよいのか調べてみました。

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?

お歳暮はその名のとおり「年の暮れ」に贈るのが本来の姿です。

もともとは「事始めの日」といわれる12月13日を過ぎてから贈るものとされていました。
12月13日は「正月事始めの日」で、正月の準備を始める日です。

そのため、今でもマナーとしては

<お歳暮を贈る時期>

    12月13日~12月20日

とされています。

20日を過ぎると、どの家庭でも年越しの準備であわただしさが増すため、あまり遅くなるのも良くないということから20日くらいまでを目安にされたようです。

けれども、現在ではデパートのお歳暮商戦の影響もあり、
11月から準備を始めて、11月末または12月1日に発送
というケースが増えてきているのは間違いありません。

また、地方によっても少々時期が異なるようです。
関東のほうが早め、関西のほうが遅めという傾向があるようです。

*お歳暮を贈る時期 <北海道・東北・北陸・東海・関西・近畿・中国・四国・九州>

12月10日過ぎ~12月20日ごろまで

*お歳暮を贈る時期 <関東>

12月1日~12月20日ごろまで

お歳暮を贈る時期「生鮮食品」の場合

一般的はお歳暮を贈る時期は上記のとおりですが、
お正月用料理に使っていただきたい生鮮食品を贈る場合など、
贈るものにより時期は異なってきます。

*生ものをお歳暮として贈る場合の注意

生ものを贈る場合には、まず相手が不在でないことが望ましくなります。
贈る前に「相手の受け取る都合」を確認してからのほうが無難です。

万一、家族旅行などに出かけてしまわれていたら、
食品の保存期間が過ぎてしまうかもしれません。

お歳暮の生鮮食品は、ほとんどの場合お正月料理に使用されるケースが多いので、できるだけお正月近くのほうが喜ばれます。

こういった場合には、
「毎年この時期にあの方があのお品をくださる」
とお相手の方も楽しみにされていることが多くあります。

例えば、私の住んでいるところでは、
大晦日に練り製品を贈ってくださる方がいます。

スポンサーリンク

また、年末近くに菊をたくさん贈ってくださる方もいて、
お正月を飾るお花として重宝しています。
私も母も毎年 届けていただくのを楽しみにしています。

その方へのお返しはいつも新巻鮭でやはり、年末近くにお贈りしています。

お歳暮の時期を過ぎてしまったら?

本来のお歳暮の時期を過ぎてしまったら
年内でしたら生鮮食品をお贈りすることで問題はなくなります。

年末を過ぎてしまった場合には
お歳暮ではなく 「お年賀」「寒中見舞い」「寒中お伺い」
として贈りましょう。

以上をまとめると、それぞれの時期は下記のようになります。

<お歳暮> 12月31日までのお届け

<お年賀> 元旦から松の内(1月17日まで)のお届け

<寒中見舞い・寒中お伺い> 松の内(1月17日まで)過ぎから立春(2月3日頃)までのお届け

まとめ

お歳暮はひごろの感謝の意を相手に伝えるものなので、
心をこめて選びたいものですね。

誰かに贈り物をするということは、
相手の方が喜んでくださる様子が想像できて、
贈る側も心ときめくものです。

早め早めに、できれば11月ごろから心づもりをして準備を始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。