タイのワニ革製品-お土産にもOK*買い付けも可能-オートッププロジェクト

タイでは一品一村運動としてオートップ(One Tambon One Product)プロジェクトというものがあります。
なんとこれは、日本の大分県の制度をモデルとして始められたんだそうです。

タイ全土の食材や伝統的な製品を「OTOP」製品として提供するもので、毎年6月12月ごろに展示会が開かれます。

「OTOP」製品はタイ土産にぴったり!

「OTOP」製品には、食品、衣料、家具、小物、化粧品などなど幅広い製品が認定されています。「OTOP」製品を、全国、全世界に広めようと政府が積極的に運動を展開しています。そのため、「OTOP」製品はバンコク市内のデパートやスーパ、空港などで良く目にすることができます。

ありとあらゆるジャンルのものがある上、政府が認めた製品ばかりですから、お土産にもぴったり。安心して選ぶことができます。

OTOP展示会でワニ革のバッグを見る

私もこのOTOP展示会に出かけて、ワニ革製品を見てきました。

ワニ革バッグがずらりと並び圧巻でした。あれもこれも欲しくなってしまいました。

ここにあるようなごっつい感じのものは、カイマンで値段も安くデザイン製もあるので、気軽に普段にじゃんじゃん使うのにいいのではないかと思います。

とにかく軽いのがワニ革製品の魅力です。

細かい柄のクロコダイルのものは、いくらタイで買うと言っても、やはりお高いです。

お財布もいっぱい!!

そういえば、爬虫類好きの近所の方が、こういうワニの頭が表面についているお財布を持っていました!


こちらのほうが、柄の細かい高級品ですね。


長財布もあります。きれい!

パッチワークのようになったものも、なかなかかわいいです。

男性用も女性用もあります。
こちらは、ワニ革のスリッパ。

これは高級な贈り物になりますね。
買えば良かったなぁ。悔やまれます。


立派なベルトもたくさんありました。

これをおみやげにしても良さそうですね。
お値段もたいしたことはありません。

子供のワニのはく製

ワニの頭や子供ワニのはく製が、バッグに紛れて置かれています。

好きな人にはたまりませんね。

スタッフさんが子ワニを持ってにっこり。

私が気に入ったバッグ2点

いずれもカイマンで、遊び心を持って使うバッグで高価なものではありません。

スポンサーリンク

ワニ革バッグとしての価値は低いほうだと思いますが、
これでも日本で買おうと思えばけっこうなお値段になりそうです。


しっかりした作りです。

こちらは、ほんとうにごっついですね。

デイリーに使ったら、けっこうなインパクトがありそうです。

男性用ワニ革バッグ 爬虫類好きな方用?

男性用のワニ革のビジネスバッグ

ここからは、息子の趣味で撮った写真の数々。

爬虫類好きの息子には、たまらないバッグだったようです。


展示会、見ていると楽しいです。

ワニ革製品の工場の名刺

ここのお店の方に名刺もいただきました 

これはと思うお店で名刺をもらっておくことは、バイヤーにとってはたいせつなこと。
電話番号とメールは必ず聞いておきましょう。
名刺は名刺アプリで管理します。


エイ革のバッグもありました。

エイ革製品の写真もたくさん撮りましたので、次記事でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。