Pocket

さて、オートップ展示会で見たワニ革の会社の工場。
翌日には、さっそく訪問して視察しましたので、どんな所なのかご紹介しますね。

鮮やかな色のきれいな建物です。

パンフレットもいただきました。
この工場では、ワニ エイ パイソン などの革を使って、いろいろなデザインの商品を作っています。

工場でエイの革を見る


これがほんとにエイの革です。
製品になる前の革を見て、とっても不思議な感じでした。

足に大きなタトゥーを入れたお兄さんが、熱心に作業をしていました。

エイの目がくりぬかれているところ、なんだかすごいです。
特殊な形のハサミを使うんですね。
日本のマッキーで印をつけています。

展示会には出されていなかった商品もあります。

製品になる前のワニ革も

ワニのどこの部分でしょうか。カイマンのものです。

スーツケースには、原材料のワニの頭が入っていました。

もとの革を目の前にして触らせていただいて・・・。すごい迫力でしたよ。

スポンサーリンク


キーホルダーもたくさんあります。
おみやげにもってこいです。


この工場にあるものは、ここで購入することもできます。
発注も可能です。

ワニ革工場で働く人たちの様子


工場の外で遊んでいる子供たち、かわいいですね。

タイに限らず中国でも、子供たちを横で遊ばせながらみなさん、普通にお仕事をされています。
中国でお店をしている日本の男性は「子連れで仕事するなんていうのは理解できない」と言われましたが、子供をみながらお仕事、って女性にも子供にもよいことではないかと私は思います。

革を切っています。手作業ですね。

ワニもエイも革は硬いので、1点ずつ手で作業するしかないようです。
たいへんですね。

この方たちが、1点ずつ時間をかけて作ってくださるのですね。
それを私たちは使わせていただくと思うと、頭が下がります。

子供たちは、親の仕事を見ながら育っていくんですね。

タイの大手のワニ工場

タイでは1000を超える業者が120万匹のワニを養殖しているそうです。
なめし革工場やもちろん屠殺場もあります。

その中でも、大手企業として有名な会社のひとつ SIRIRACHA を訪れたときのことについて、明日の記事でご紹介いたします。

SIRIRACHA の文字が入ったかわいいキーホルダーをおみやげにいただきました。
ホールセールの価格表もいただいてきました。
例えば、このキーホルダーの上代価格は 450バーツですが、ホールセール価格は180バーツ。

他の価格表は公開しませんが、バッグの場合はほぼ、卸価格50%オフといういった感じです。もちろん、ある程度のロットが必要です。
それでは、また明日。

Pocket