七五三のお祝い_贈る時期と相場は?表書きの書き方は?

七五三は、ともすれば家族内の行事になりがち。

そのため、お祝いを贈ろうとすると、金額の目安や贈るもの、あるいは時期などに悩みます。
子供の成長をともに祝う気持ちを表すために、どうすればマナーにのっとってお祝いをお渡しできるのかご紹介します。

七五三のお祝いの金額の相場は?

七五三のお祝いを差し上げるのは、実家のご両親が孫のために整えてあげることが多いようです。

その場合は、晴れ着や記念写真の写真代、みなが集まって会食するときの食事代を出してあげることになります。かわいい孫のため、張り切りたいおじいちゃん、おばあちゃんの気持ちをありがたくお受けすることになります。

ですから、こちらに相場といわれるものはありません。
各家庭それぞれの事情によるものとなります。

また、近年ではお金を贈って、それを儀式などに自由に使ってもらおうという家庭も増えているようです。

その場合の一般的な相場は下記のとおり。

・祖父母の場合・・・3~10万

・伯父・伯母・叔父・伯母の場合・・・1万円~

・その他の親類・・・5000円~

・友人(両親の知り合い)・・・5000円~

ただ、こちらの金額もしっかりした縛りがあるものではありません。
七五三のお祝い金を贈るという習慣そのものが、あまり行き渡ってはいないと言えます。

七五三のお祝いの表書きの書き方

水引は結び切りを使うのが一般的です。

表書きは、下記のようにいろいろな書き方があります。

お祝い
御祝七五三
御髪置御祝(3歳、5歳の男女)
御袴着御祝(5歳男子)
御帯解御祝(7歳女子)

この場合、くれぐれも注意してほしいのは、お祝い事の表書きでは4文字を避けるということです。

スポンサーリンク

そのため、
「御髪置祝」のように4文字になってしまう際には、
「祝」の前に「御」を繰り返しつけて
髪置祝」
とします。

ちなみに、「御結婚御祝」も同様です。
「御結婚祝」
のように4文字にするのは言語道断です。

御祝い事に4文字の袋をいただたいた時の気持ちを考えてみてください。
一気に興ざめしてしまいます。
気をつけるようにしましょう。

七五三のお祝いを贈る時期は?

七五三は、11月15日に子供の無事な成長を感謝して報告し、これからもすくすくと幸せに育つように願って氏神様にお参りをする行事です。

けれども、現代では、11月中にお参りをするようになってきました。
神社でも、11月いっぱいを七五三参り受付時期としているところが多いようです。

お祝いは遅れて渡すよりは、早めに渡すのが基本。
10月中旬ごろを目安に相手にお渡しできるようにしましょう。

七五三のお祝いには気持ちを表す言葉を添えて

できれば、心をこめたお祝いのひと言を添えてお送りしましょう。

まとめ

子供の成長は、誰にとってもほほえましく心温まる喜ばしいことです。
ましてや身内に七五三を迎える子供がいたら、みんなでお祝いをしてあげたくなりますね。

乳幼児の死亡率が高かった昔に比べて、現代では病気で命を奪われる子供の割合が減って、多くの子供がすくすくと成長できるようになりました。

そんな現代においても、無事にここまで育ってくれたという喜びを七五三を区切りにお祝いし感謝することは、その後の子供の成長のためにも意義あることです。

お祝いの気持ちを表す場合には、作法にのっとって、心からのお祝いをお伝えしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。