唐津くんちの日程や見どころアクセス駐車場情報は?

唐津くんち は、名前のとおり唐津の街のお祭り。

佐賀県唐津市の唐津神社のお祭りです。
秋の例大祭が、唐津くんちと呼ばれているのです。
「くんち」とは九州では「秋祭り」を意味します。

唐津市の城下町を練り歩く曳山は独特の14台の巨大なもので、迫力満点です。
国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

唐津くんちの日程は?

毎年 11月2日・3日・4日に開催されます。
「晴れの特異日」という呼び名がつくほどこの3日間は雨が降らず、中止になることはまずもってないのだそうです。

唐津くんち:11月2日 宵曳山(19時30分~22時)
宵曳山(よいひきやま)は、朝5時から曳山展示場にある14台の曳山が、書く町内会によって曳きだされてきます。そして、きれいに磨き上げられます。

夜の19時30分に1番曳山が大手口を出発します。
続いて残る13台の曳山も次々に出発をして市内を巡ります。

そのルートは下記のようになっています。
 各町内の曳山留め
   ↓
 大手口
   ↓
 市内一巡
   ↓
 唐津神社前

14台の曳山は合流し、唐津神社前に整列します。
こうして、翌日の御旅所神幸を控えて、唐津神社前で1晩を過ごすのです。

唐津くんち:11月3日 御旅所神幸(9時30分~16時30分)
御旅所神幸(おたびしょしんこう)は、昨晩から待機していた14台の曳山が、朝9時30分から、唐津神社の神輿・大石神社の神輿の後に従って、西の浜の明神台まで巡行します。

西の浜に着くと、ここで神事が行われます。

神事の後15時頃から曳きだしが行われます。
そして、各曳山がそれぞれの町内に帰って行きます。

巡行のルートは下記のとおり。
 唐津神社前
   ↓
 市内巡行
   ↓
 西の浜(お旅所)
   ↓
 市内巡行
   ↓
 各町曳山留め

 

唐津くんち:11月4日 町廻り(10時~17時30分)
各町内に戻った曳山は再度唐津神社前に集結します。

そして、朝10時の花火の合図で、お祭り最終日の巡行が開始します。
この日は神輿は出ません。町人たちのお祭りなのです。

昼12時30分ごろには、各曳山はJR唐津駅前の米屋町通りに集合します。
2時間ほどそこで休憩。

14時30分には、再び曳山の巡行が始まります。
14台の曳山は最終的には曳山展示場に向かいます。
曳山が1台、また1台と曳山展示場に納められていき、14台すべてが納められると、その年のお祭りは終了となります。

巡行のルートは下記のとおり。
 唐津神社前
   ↓
 市内巡行
   ↓
 西の浜(お旅所)
   ↓
 市内巡行
   ↓
 各町曳山留め

唐津くんちの見どころは?

スポンサーリンク

唐津くんちの見どころは、なんといっても「曳山」。
その大きさは、高さ7メートル・重さは2~5tもあり、迫力があります。

その風貌も、獅子や鳳凰、魚や兜などさまざまなものがかたどられており、いずれも圧巻です。

これら曳山は現在では14台。
最古のものは、江戸時代末期に奉納されたものだそうです。江戸時代末期から明治9年頃までに合計15台もの曳山が唐津神社に奉納されました。ところが、そのうちの1台が消失してしまったため、現在は14台での巡行となっているのです。

漆工芸品としても価値の高い曳山

曳山は、粘土で作った原型・木型の上から和紙を何百回と貼り重ねた後で原型を外し、麻布を貼って漆を数十回も重ね塗りして、さらに金銀を施して仕上げたもので、芸術作品としても非常に価値の高いものです。

手入れも行き届いており、薄りは25年に1度は塗り替えられるとのことです。
1台作るのには、2~3年もかかる手のこんだものなのです。

唐津くんち最大の見せ場_御旅所神幸の曳き込み

3日間のお祭りの中でも最大の見せ場は、2日目の御旅所神幸の曳き込み

これは、西の浜のお旅所で行われます。

唐津神社のご神体が現れたとの言い伝えのある場所に、昔ながらの砂浜を再現し、曳山の車輪をのめり込ませて、動けなくなった曳山を太鼓のリズムに合わせながら曳きこむ様は、豪快そのものです。「エンヤエンヤ」「オイサオイサ」という掛け声とともに、数百人の曳き子が力を合わせて重さ2~5tもある曳山をめり込んだ砂の足元から曳きだすのです。

この昔砂浜だったと言い伝えのある場所、元小学校のグラウンドで、砂浜を再現するために、祭りの前に硬い土を掘り起こすだそうです。

この勇壮ぶり、ぜひ1度はこの目で見てみたいものですね。

唐津くんちへのアクセスは?

住所:佐賀県唐津市
お問い合わせ電話番号:0955-74-3355(唐津観光協会)
◆唐津くんちへのアクセス 電車の場合
JR唐津駅から唐津神社まで徒歩約10分

当日は、3日間の人手が50万以上にのぼります。
できるだけ、公共交通機関を使われるのがおすすめです。

◆唐津くんちへのアクセス 車の場合
唐津伊万里道路(西九州道)唐津ICから国道202号経由で約15分

周辺の臨時駐車場が約3000台分ほど設けられます。
それでも、人手は50万ですから、やはり車より電車のほうが無難ですね。

2 件のコメント

  1. yuri.ksays:

    勇壮で華やかな唐津くんち。
    ふるさと伊万里から何度か見に行ったことがあります。もう40年くらい前のことです。
    伊万里くんちのトンテントンはなくなってしまったけど、唐津の曳山は永遠ですね
        大阪より、懐かしんで・・・

  2. kurimiasays:

    コメントありがとうございます。
    伊万里くんちのトンテントン祭りも勇壮なお祭りなんですね。

    ふるさとの思い出はいつになっても良いものですね。
    それがお祭りのような特別の日のものだと、より感慨も深いと思います。

    永遠に受け継いでいきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。