神戸ルミナリエの点灯式時間と子供連れのための裏ワザスポット

神戸ルミナリエのイルミネーションは、
極楽に迷いこんだような美しさで知られます。

それだけに、訪れる人は毎年300万人にものぼります。

中でも点灯の瞬間は、
通の方がぜひその場に立ち合いたいと
こぞって集まりますので、
その混雑はたいへんなもの。
子供が小さいけれど、ぜひ見せてあげたいという方へ。

混雑する神戸ルミナリエを、
周辺から見る裏ワザをご紹介します。

神戸ルミナリエ開催日程と点灯時間

2017年のルミナリエの開催日程は、
2017年12月8日(金)~12月17日(日)の10日間
点灯時間(予定)
・月~木曜日 :18:00頃~21:30
・金曜日   :18:00頃~22:00
・土曜日   :17:00頃~22:00
・日曜日   :17:00頃~21:30

※点灯時間は、状況により変更になる場合があります。

神戸ルミナリエへのアクセスと観覧ルート

こちらに記載してありますので、ぜひご覧ください。 ↓

神戸ルミナリエ2017の日程アクセス観覧ルート観覧のコツをご紹介

2017年の見どころ

2017年はとくに規模を拡大しての開催となっています。
それだけに、作品も、よりすばらしい。

仲町通りの作品

仲町は旧外国人居留地。
ここがルミナリエ会場の入り口となります。

入り口には巨大な塔。
光の壁。
その奥には美しいアーチ「フロントーネ」が。

東遊園地の作品

仲町通りを抜けると東公園に到達します。
ここには、「ガレリア」が。

ガレリアとはアーケードのこと。
有名なところでは、ミラノのスカラ座に向かうガレリアなどがあります。

さらには「スパッリエーラ(Spalliera)」との組み合わせも楽しめます。
スパッリエーラ光の壁掛けと表現され、さまざまなモチーフの組み合わせが美しい。
スパッリエーラのもともとの意味は椅子の背もたれなどのことです。

そして、神戸ルミナリエの変わらぬシンボル「カッサ・アルモニカ」。
カッサ・アルモニカは光の大聖堂で、毎年必ず展示されているものです。

作品に使用する電球はすべてLED電球で、その数はなんと40万個ということです。
壮大ですね。

ルミナリエ観覧の裏ワザ

さて、この美しいルミナリエを正規のルートで観覧するには、
元町駅を出たところから行列にそって1時間も歩いて進まなければなりません。

スポンサーリンク

ルミナリエ会場の美しいイルミネーションを見て、
東公園でしばし観覧。
そして、帰途は三宮駅から電車に乗る、
という行程になります。

でも、子供連れだから1時間も歩くのは歩くのは無理。
という方への裏技スポットを2つご紹介します。

近くの展望台にのぼって見る

夜景とルミナリエを共に楽しめるのが、展望台
もちろん上から見るので、ちょっと趣は異なりますが、美しいことに変わりはありません。

展望ロビー(神戸市市役所1号館24階展望台室)

フラワーロードから本庁舎1号館に入り、中央エレベーターで24階まで行きます。
こちらからの眺望はすばらしい。
神戸の夜景を楽しむには、絶好の場所です。
レストランや喫茶店などもあります。

<神戸市役所1号館24階 開放時間と休館日>
■開放時間  :(平日) 8時15分から22時
■開放時間   :土曜・日曜・祝日) 10時から22時
■休館日    :年末年始(12月29日から1月3日)設備点検日1日
■料金    :無料 

→神戸市役所1号館24階のご案内 公式ページ

終点地点の東公園側から見る

東公園がルミナリエを行列してきて観覧する終点地となります。
その終点地点に最初から行ってしまう、
というのが裏ワザのNo.2。

ルミナリエは道路に沿って一直線に飾りつけられています。
ですから、お子様に少しでもイルミネーションを見せてあげたい家族連れは、
東公園でその美しさを楽しむことができます。

ここで待っていれば、点灯の瞬間にも立ち会えますね。

東公園には屋台もたくさん出ています。

屋台目的の人も多いようですね。

神戸ルミナリエのためにホテルを取るなら

神戸ルミナリエには全国から観覧の方が集います。
ホテルも早めに予約しましょう。

→その他の楽天トラベルで予約できる近隣のホテル

まとめ

幻想的で荘厳な神戸ルミナリエのイルミネーション。

お子様にもぜひその美しさを子供時代に見せてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。