豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)旭川動物園のモデルになった

愛知県豊橋市にある 動物園・植物園・自然史博物館・遊園地が統合されたアミューズメントパークが
のんほいパーク

広い敷地に見どころ満載。
1日では周りきれないほどの盛りだくさんの魅力ある公園です。

昔は、こじんまりとしていて、
その代わり木々の影も豊かで夏でも涼しく見学ができました。
現在は、非常に広く道幅も拡張され、アスファルトの照り返しが熱い、移動がたいへん、
と思うこともありますが、それだけ展示内容が豊かになっているということ。

自然環境に近い展示を工夫したアフリカ園

今では全国的に名の知れた旭川動物園。
独特の自然に近い環境での展示法で有名になりましたが、
実はこの展示法を最初に展開したのは、ここ豊橋の総合動植物公園なのです。

旭川動物園が豊橋に視察に来られ、展示方法を参考にされていったんですよ。

ここ豊橋のアフリカ園は2つのゾーンに分かれています。
ゾーン2では、グラントシマウマ、ミーアキャット、コフラミンゴ、マンドリルなどが大きな放飼場を自由に走り回り飛び回る姿が展示されています。

大きなダチョウがのぞき窓のすぐ横まで来て窓をつついて行くところに遭遇すると、
びっくりします。窓を隔てているとわかっていても、ちょっと怖い!

ソーン1では、大きなキリンがゆったり歩いています。

サイやカバも自然な感じの展示がされていて、サイなどはほんとうに近くで見ることができます。

自然史博物館

館内は、大々的な改装が行われており、展示物も年々増えていて見応えがあります。
大型恐竜の骨のレプリカが、大空間に展示されています。

高さ約10メートル、幅約18メートルの大迫力の大型スクリーンに映し出される映像を楽しめる映画も楽しめます。現在は、人気のティラノサウルスが 2018年3月23日まで上映中。

番組予定などは、こちらから → http://www.toyohaku.gr.jp/sizensi/03event/h29/theater/2017kouki.html

植物園ゾーン

植物園ゾーンは、次々と拡張されています。

モネコーナーがあり、モネの「睡蓮」を模した池が有名です。

遊園地

こじんまりした遊園地で、幼い子供も楽しめます。

◇遊具の一日乗り放題券が販売されています
◎大人1,000円 ◎小人(中学生以下)500円

動物園が大きくなってしまう前、1回10円で乗れる乗り物がありましたが、
現在はなくなってしまって残念。
我が子が、2~3歳のと、とても楽しんだ乗り物なんですが・・・。

体験も楽しい

毎週土日には、動物へのえさやり体験などのイベントも豊富にあります。
▸ イベント情報 → https://www.nonhoi.jp/event/index.php

のんほいパークの営業時間・料金

のんほいパークの営業時間

◇公開:9:00~16:30
◇休業:月
◇休業:12月29日~1月1日

のんほいパークの料金

◇大人:大人:600円
◇中学生:中学生:100円
◇小学生:小学生:100円

のんほいパークへのアクセス

◇JR豊橋駅から東海道本線浜松方面行きの電車で『JR二川駅』で下車(豊橋-二川駅間約6分)
 JR二川駅南口より徒歩約6分(実際にはもっとかかります。歩くのはちょっと遠いという印象です。)

◇以前は駐車場無料でしたが、現在は有料となりました。
・普通車200円、中・大型車400円
・駐車場は、中央門・東門・西門それぞれの前にあります。

〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238

のんほいパークの紹介動画


まとめ

ほんとうに広くなった豊橋動植物公園。
常に新しい試みを続けていて、ますます魅力的になっています。

園内バス一日乗車券

あまりに広くなってしまったので移動がたいへんになってきました。
現在は、園内バスに乗れるようになりました。
ただし、土日祝日のみ。
小学生以上200円 (0歳から未就学児は無料)
詳しくはこちら → https://www.nonhoi.jp/park/parkbus.php

ただ、食事をする場所は豊富ではありません
お弁当を持ち込まれたほうがいいと思います。

年間パス

豊橋動植物園には年間パスもあります。
とってもお得です。

こちらのパスを持って園内を散歩される方も多くいらっしゃいます。
ウォーキングのコースとしては、これほど楽しいところはありませんね。

ただ、現在は駐車場が有料になってしまいましたため、
車で来てウォーキングするには、駐車料金が負担になってしまいます。
ご近所の方の特権になってしまったのが残念です。

ますます魅力的になっていく豊橋動植物公園。
来場者もどんどん増えて、休日には駐車場も満杯になってしまいます。
夏場は、広い通路の真ん中で水遊びもできます。
(ただ、コケで滑りやすくなっているので注意!)

夏限定の夜の動物園も楽しいですよ。

https://www.nonhoi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。