「行政書士」と「司法書士」の違い

何か法律的な頼み事をしたいと思ったとき、
「これは司法書士に頼まなければならないかな?」
「行政書士でもいいのかな?」
と迷ってしまったことはないでしょうか。

それぞれの資格の違い、できることの違いについてまとめてみました。

「行政書士」とは

行政書士とは、総務書管轄の行政書士法に基づいた国家資格で、自治体や警察署への手続きが主な業務。

【行政書士】の仕事

遺言書の作成
財産調査
各種契約書・就業規則・告訴状・告発状などの事実証明や権利業務に関するもの
住民基本台帳・測量図などの閲覧代行
位置図・現況図などの実地調査に基づく図面類の作成
建設業・飲食店業・風俗業・著勧業・古物商などの営業許可申請
自動車登録
など

「司法書士」とは

司法書士は、法務省管轄の司法書士法に基づいた国家資格で、裁判所・検察庁・法務局・地方法務局への手続きが主な業務。

司法書士は、明治時代に制度化された代書人という、訴状などの書類を代理で作成する

【司法書士】の仕事

スポンサーリンク

法人登記
不動産登記
供託手続き
裁判の訴訟手続き
成年後見
多重債務の整理
など

不動産登記・法人登記の代理

司法書士の仕事の中で、多くを占めるのが登記に関するものです。

認定司法書士制度

「弁護士」と比べると「司法書士」ができることには限りがあります。

司法書士も法律家ではありますが、弁護士が依頼者のあらゆる法律行為の代理人となることが可能であり、当事者に代わって民事訴訟を戦うことができる権限も与えられています。けれども、司法書士には案件の解決を任せられない事態も多々あります。

平成14年の司法書士法の改正により、下記のように訴額140万円以下の民事裁判や調停にて、当事者の代理を務められる制度が設立されました。

【認定師匠書士制度】とは

司法書士のうち、所定の研修を終了し、簡裁訴訟内裏能力認定考査に合格した者は、簡易裁判所の140万円までの民事事件で、民事訴訟の代理人を務めることができる制度。

「行政書士」と「司法書士」それぞれの資格を取るためには

「行政書士」及び「司法書士」ともに、受験資格に学歴は必要ありません。
実際、小学生が「行政書士」に合格した例もあります。

いずれも国家資格で難関試験となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。