父の日のプレゼント 60代の父への贈り物

父の日の贈り物は、母の日に比べて忘れられがちといわれているようです。その理由として考えられることには、主に次の2つのことがあるようです。
①母の日にくらべて、何をプレゼントすればよいのかがわからない。
②プレゼントを渡したときの反応が薄い。
なるほど、とうなずいてしまいますね。

でも、ふだんから面と向かって「ありがとう」とは言いにくいのが「お父さん」
母に向かって言うよりさらに照れくさい父親だからこそ、
よけいに父の日には感謝の気持ちをこめて、せいいっぱいの贈り物をしたいところ。

60代の父に 父の日のプレゼントを考える

とくに、現役を退いた父親には、どんなものを贈ればよいのか困ってしまいます。
でも、せっかく心をこめて贈るプレゼントなので喜んでもらえるものを選びたいですよね。今年こそは失敗しない贈り物をと、母の日がくる前の今からリサーチを始めてみました。

しっかりした趣味を持っているお父さんには、贈り物も選びやすいようです。
例えばゴルフが趣味という父親。迷わずゴルフクラブなどを選ぶことができます。

父の日が、退職という大きな節目にあたる年にある場合には、退職のお祝いをかねて旅行などの大きな贈り物をする家族も多いようです。


父の日のプレゼントのポイント(引退した父へ)

父の趣味にあったものを
家族と一緒に楽しめる旅行を企画
還暦祝いを兼ねるときは少し豪華に

でも、趣味を持つお父さんばかりではありません。
また、退職や退院などのイベントがちょうど父の日に近いとは限りません。

そこで、趣味やイベントに関係なく、退職後のお父さんに喜んでもらえる贈り物をリサーチしてランキングにしてみました!!
贈り物の選択が成功するために、失敗談からも学びたいと思います。

→お父さんの趣味にあったプレゼントが喜ばれた例

→父の日のプレゼント 失敗談

父の日のプレゼントランキング 引退した60代の父に

父の日 プレゼント
では、60代のお父さんに喜ばれるプレゼントランキングをみていきましょう。

父の日のプレゼントランキング 1位 靴下や下着

現役の時には、ネクタイやタイピン、おしゃれなワイシャツなどを贈ってきた方も多いでしょう。でも、退職してしまうと、ネクタイなどは不要になってしまいますね。

そこで、ネクタイに替わる贈り物にに困る方が多いようです。

60代になると、靴下や下着などがくたびれているのに、そのまま使っていることが多々あるようです。そんなとき、ちょっとおしゃれなブランドの靴下などは、とても喜ばれます。

さりげない心遣いがみえて、お母様かたの評判も上々。

最近のおすすめは、ゴム口がきつくないのに、ずり落ちない不思議な靴下。
はきやすきて、皮膚にゴムの跡もつかず痛くないと好評です。
この締め付けない靴下はほんとにおすすめです。

父の日のプレゼントランキング 2位 甚平やパジャマ

デパートや大型スーパーの父の日コーナーに必ずあるのが、甚兵衛やパジャマです。

家でくつろぐときに着てもらう甚兵衛やパジャマなら、たとえ好みがちょっとずれてしまっていてもだいじょうぶ。お値段も、予算に応じてピンからキリまでありますから、選びやすいですね。

おしゃれしてほしいと思う気持ちでしゃれた柄のものを選ぶ冒険もできそうです。

父の日のプレゼントランキング 3位 お酒やおつまみ

父のプレゼントとして根強い人気を誇るのがお酒

ちょっとした銘柄の吟醸酒などは、珍しさもありとても喜ばれます。
もちろん、お酒の好きなお父さんに限られますが・・・。

リビングに飾っておいても絵になるようなお酒が贈り物としてはすてきですね!

予算に応じて、おつまみをつけてもいいでしょう。
私は先日、カマンベールチーズが、認知症予防に良いとかTVで見ました。
お父さんに身体のことも考えているのが伝わるといいですね。

父の日のプレゼントランキング 4位 グルメ

退職したお父さんは、今まで一生懸命働いてきたのですから、
ほっと一息、人生を楽しみたいと思っているはず。

そんなとき、父の日に贈られたおいしいものは
それはそれは嬉しいはずです。

どこどこ産の牛肉 とか、
どこどこ産の魚介類 とか。

また、グルメには家族そろって食事に出かけるというのもありですね。
自分が養ってきた家族が孫もいて繁栄し、みんなで集まってわいわいできるとしたら、
それはそれは幸せです。

次のページ→退院した父へのお寿司のプレゼントほか

父の日のプレゼントランキング 5位 旅行

旅行はやはり、大きなイベントになりますから、
定年退職の年の父の日のプレゼントに選ばれることが多いようです。

お父さんが行きたいと思っているところを、
お母さんからこっそり聞き出して、
内緒で準備をしえサプライズにするのもいいですね。

スポンサーリンク

あるいは、お父さんに行きたいところを直接聞いて、
旅行までの期間、思いっきり楽しみに思う気持ちを盛り上げてしまうのもいいと思います。

子供たちも一緒に行く旅行もいいし、
お母さんとふたりで行く旅行をプレゼントするのもいい。

いずれにしえも、せっかく旅行のプレゼントするのなら、
絶対に楽しい旅行になるように、
行き先や持ち物。ルート、おみやげなどしっかり調べて準備しましょうね。
準備するところからお父さんはもちろん、家族の楽しみは始まっています。

→旅行のプレゼントが喜ばれた例

父の日のプレゼントを選ぶ 失敗しないために

喜んでもらうプレゼント選ぶために

1年にいちどの父の日。せっかく贈るのですから、このプレゼントでぜったいに父を喜ばせるぞ!
私もそのお手伝いができれば嬉しいです。

喜んでくれれば贈ったこちらも嬉しくて幸せになれます。
お父さんの喜ぶ顔が見たいですよね。

そのためには、お父さんが喜んでくれるものを贈るのが一番!
何を贈ればお父さんが喜んでくれるか、お父さんのことを知っていないとわからないのです。

準備の段階から、お母さんにそっと聞くのもひとつの手です。
お母さんは、さすが、お父さんのことをよく知っていますから、おとうさんが何をもらったら喜ぶか、何を食べたら喜ぶか、よく知っています。

また、ふだんから会話を気をつけて聞いていれば、自ずと、お父さんが今ほしいものなどがわかってくるはずです。
日ごろから、お父さんとのコミュニケーションをとるようにするのがたいせつだということです。

父の日のプレゼント 喜ばれたものは具体的にはこれ!

では、これまで私が贈ったもので喜んでもらえたものをあげてみます。

喜ばれた父の日のプレゼント

タバコのフィルター
(子供のころ、お父さんの身体のために、という手紙をそえたらものすごく喜んでくれました)

締め付けない靴下
(年齢とともに皮膚が乾燥してかゆくなりやすいので、とても喜ばれました)

甚平
(退職して家に居る時間が長くなったところで、おしゃれでくつろげると好評でした)

ポロシャツ
(定年退職してから、趣味の俳句の集まりに着ていく服がほしかったときに贈り喜ばれました)

小さめのボストンバッグ
(小旅行に出かける機会が多くなったところだったので喜ばれました)

英語教材
(60の手習いで始めたいとのことで贈りましたが、3日ぼうずに終わりましたが喜んでくれました)

北海道旅行
(これはさすがに豪華版なので、毎年というわけにはいきません 定年の年に一緒に楽しい旅をしました)

こうしてみると、お父さんのことを考えて、お父さんの喜ぶ顔を想像しながら心をこめて選んだプレゼントでしたら、たいていとても喜んでもらえるものだなと思います。

失敗した父の日のプレゼント

自分にとって良いものだから、父も気に入るに違いないという思いこみが失敗につながってしまったりします。
例えば、自分が肩こりなので、肩こり解消のマッサージ器を贈ってみたけれど、父は肩こりがなかっというような例です。

→父の日のプレゼント 失敗談

父の日のプレゼント 心から喜んでもらえるプレゼントとは?

父の日 喜ばれるプレゼント
けっきょくのところ、お父さんに喜んでもらいたいという子供からの気持ちがこもっていることが、一番お父さんの心に響くということですね。

何をすれば喜んでくれるかな、と心を砕いてくれたということが嬉しいんだろうな、と思います。

そもそも、今まで自分が愛しんできた子供が成長して、その子供から何かもらったらそれは嬉しいものですよね。
ですから、心をこめて贈ること。

さらに手紙などをそえたら、さらに心が伝わり喜んでもらえそうです。
ちょっと気恥ずかしい気もしますが、言葉で伝えるのが恥ずかしい「お父さん ありがとう」という言葉を手紙あるはメッセージカードとしてそえれば、特別なプレゼントになること間違いなしです。

手紙の例です。

お父さんへ

お父さん、いつもありがとう。
お父さんがどんなにわたしたちに愛情を注いでくれたか、
自分が親になって、ほんとうによくわかります。

自分が子供に何かしてあげようと思うとき、
ことあるごとに、お父さんがしてくれたことが思い出されます。

今の私には お父さんが元気で笑っていてくれれば、
それだけで、とってもしあわせだなぁ、と思えます。

からだには気をつけてね。
ほしいものがあったら、遠慮なく言ってください。
私も、少しは親孝行がしたいので。

要は心がこもっていること。
どうか素敵な父の日になりますよう。
ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。