日本語の通じるタイの病院 バンコク病院入院体験記

あってはならないことですが、タイ旅行で入院することになってしまった体験をご紹介します。

先日もご紹介したように、タイでは日本語の通じる病因がいくつかあります。
万が一、タイで病院にかかることになってしまった場合、外国人がよく訪れる日本語しかできなくてもだいじょうぶな病院を先にご紹介しておきますね。

バンコクで日本語の通じる病因

この中で、私が実際にかかったのはバンコク病院。他にはシリラート病院にもお世話になりました。

バンコク病院
日本語のできる医師あるいは日本語の通訳がある

住所: 2 Soi Soonvijai 7, New Petchburi Road, Bangkapi, Huay Khwang, Bangkok
電話: 02-310-3000 (代表)  02-310-3257 (日本人専用外来)

バムルンラード国際病院
日本語のできる医師あるいは日本語の通訳がある

住所: 33, Sukhumvit 3 (Soi Nana Nua), Wattana, Bangkok
電話: 02-667-1000 (代表)  02-667-1501 (日本人顧客サービス課)

サミティベート病院
日本語のできる医師あるいは日本語の通訳がある

住所: 133, Sukhumvit 49, Klongtan Nua, Vadhana, Bangkok
電話: 02-711-8000 (代表)  02-711-8122 / 8123 / 8124 (日本語窓口)

BNH病院
日本語の通訳がある

住所: 9/1 Convent Road, Silom, Bangkok
電話: 02-686-2700 (代表)  02-686-2742 (日本語窓口)

プララーム9病院
日本語のできる医師と日本語の通訳がある

住所: 99 Soi Praram 9 Hospital, Huaykwang, Bangkok
電話: 02-202-9999 (代表)

バンコク病院に入院

私が診てもらったのは、こちらのバンコク病院。

タイ旅行 病院 バンコク病院 入院

全然たいしたことはなかったのですが、なんとなく身体がだるいかも。
ちょっと血液検査をしてもらって肝臓の数値を測ってみようと気軽に病院に行ってみました。

外国人がかかる病院は基本的に診療費も高いところになります。
それは承知していましたが、日本語のできる医師もいるし、万一日本語のできる医師が不在でも日本語の通訳もいる、英語も通じる、ということでこちらを選びました。

豪華なフロントVIP待遇

まず、行くとすぐに車椅子に乗せられました。
それほど重症ではない、たいしたことはない、自分で歩ける、と言ったのですが、
「これはサービスですから。」  とのこと。

こちらは、豪華な病院のフロントです。
海外からの医療観光の人たちのために、天井も高くゆったりとしていて、清潔感があるホテルのような作りです。
タイ旅行 病院 入院 日本語 通訳
タイの病院 タイ旅行 病気

スポンサーリンク

タイでの病気はただの脱水

結局、どこが悪かったかというと、ただの脱水でした。
それにもかかわらず1泊2日の入院となり、6万円も支払うことになってしまいました。このときは、クレジットカード附帯の海外旅行保険でカバーできるからいいや、と思ったのですが、その後請求するのを忘れて、ばかなことをしてしまいました。

皆様は、もし万一海外で病院にかかったら、忘れることのようにしっかり請求してくださいね。

また、海外旅行保険に加入していなくて、日本の健康保険である程度は補てんがありますので、これも海外旅行保険とは別に、申請するのを忘れないようにしなくてはなりません。

タイの病室の豪華なこと

入院となった部屋の豪華なこと。
まるでホテルのようです。

食事ももちろんついているのですが、
それ以外にも何か食べたい飲みたいといえば、すぐに持ってきてくれます。
至れり尽くせりのサービスです。
タイ旅行 病院 入院
タイ旅行 病院 入院
念のために一晩泊まって、脱水も改善したとのことで退院となりました。
費用は6万円。
なかなかできない体験でした。

タイの庶民の医療

タクシンが推進した30バーツ医療

タイでは、30バーツ医療(日本円で約100円) という制度があり、どんなに貧しい人でもたいがいの医療を受けることができます。
これは、現在は失脚してしまった タクシン元首相の功績によるものです。
タクシン元首相は、庶民のためになる政策をいろいろ打ち出したため、今でも庶民から高い人気があるそうです。

病院にもみられる格差社会

タイの格差は非常にわかりやすく、病院の門をくぐったところで
・庶民のための病院、
・お金持ちの人や外国人が行く病院、
と建物から分けられているところもあります。

庶民のための病院のほうは、医者が
「今日は気分がのらないから帰る」
と言って患者さんが山と待っているのに頓着なく、診療もせに帰ってしまうようなこともあるそうです。

それでも、たった30バーツ(日本円で100円ほど)で誰でも医療が受けられるというのは、たいへん良いことだと思います。もちろん、最低限の医療なので、その後、お金のかかる治療が必要になると30バーツではすみません。

かたや、お金持ちの人や外国人が行くような病院の場合は、上記のような過度なサービス。
とにかくサービス業に徹しています。

医療観光に力を入れるタイの政策

タイは経済政策として医療に力を入れ、多くの外国人を受け入れています。
アラブの大金持ちなどが、タイに医療のために訪れてくるそうです。
医療観光のために作られたと思われるのがバムルンラード病院
重要な産業となっており、イスラムの服装をした人々が大勢病院にいる姿を目にしました。

このバムルンラード病院は、私立病院で超高級。
ボーイのような人が廊下などに立っていて、冷たく冷えた飲み物をサービスしてくれたりします。
5つ星ホテルに迷い込んだかと錯覚するような雰囲気です。

また、シリラート病院 というのは王様が作った病院で腕のいい医者がそろっています。
医療費もそれほど高額ではありません。
日本で保険を使って支払う費用とほぼ同額くらいです。
医療レベルは高いと思いますが、高級サービスはありません。
それでも、日本の大学病院のように長時間待たされることはありません。

実は、私はこのシリラート病院でも診察を受けたことがあります。こちらは、日本語は通じませんが英語が通じますので、なんとかなります。(タイ語だけではお手上げです。)

これについてはまた後日。
私の場合は、この病院のおかげでクオリティライフが非常に向上しました。たいへん感謝しています。

また、この頃は、まだ海外旅行保険について良く知りませんでした。
海外で何度か病院にかかってから、調べに調べて詳しくなりました。
ページをあらためて書いてみたいと思います。

タイのように物価の安い国ならクレジットカード付帯の保険で限度額1000万以下のものが十分かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。