父の日のプレゼント 失敗談

良かれと思って選んだプレゼントがあまり喜んでもらえないと悲しいですね。
同じ失敗を繰り返さないためにも、失敗談から学びたいものです。

肩こりのない父に肩こり解消グッズを贈って失敗

肩こりのない父親に肩こり解消グッズを贈ってしまったという失敗談です。
自分にとってはたいへん重宝しているグッズなので、他の人に贈っても喜んでくれるという早とちりが原因のようです。

贈る相手の状況をよく考えてプレゼントを選ばなければいけませんね。

自分と夫の父親両方に同じプレゼントと選ばなければというプレッシャー

私の父親は65歳で定年退職をしています。娘の私は30歳で結婚しており、自分の父親と結婚した夫の父親、両方に父の日のプレゼントを渡しています。自分の父親と義理の父親、平等に接する方がトラブルが少ないと考えて、両方に全く同じプレゼントを渡すように心がけています。ところが、私の父と義理の父の好みはあまり似ていません。好みが違う二人に同じプレゼントを渡すということで、毎年頭を悩ませています。

スポンサーリンク

父の日のプレゼントして選んだのはクッション型マッサージ器

私が去年、父の日に送ったプレゼントは、家電量販店でも手に入るデザイン性が高く、お手頃なクッション型マッサージ機です。クッションにマッサージ器がついているような簡易のマッサージ器で、雑貨店などでもよく販売されています。このクッション型マッサージ器は、自分も購入したことがありお気に入りの商品でした。

こちらを選んだ理由は次の4点。

① お値段もお手頃で他の兄弟と同じくらいの価格でできるプレゼントであったこと
② 有名メーカーのもので品質が安心できると思ったこと
③ 自分が使ってみて心地良かったこと
④ 家電量販店で手に入るので、会社帰りに気軽に買いに行くことができたこと

これらの理由からこの商品を選びました。

自分なりにいろいろ一生懸命考えて渡したクッション型マッサージ器のプレゼントですが、父親たちの反応はいまいちでした。使っている様子はありません。

できればいっぱい使ってほしいですが、出番がないのは肩が凝っていないからなのかもしれないと自分を慰めてみたりしています。それはそれでよいことだと自分を納得させています。

早とちりの父の日のプレゼント選びを反省

そもそも肩が凝っていない人にマッサージ器をプレゼントしても意味のないことでした。自分にとっては良いものでも相手のことを考える想像力が欠けていたと反省しきりです。

それにしても、父親のプレゼント選びはほんとうに難しいと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。