浴衣を自宅で洗濯する方法 アイロンかけとしまい方 帯のお手入れはどうする?

浴衣は可愛いですが、お手入れがたいへんそうで着るのを躊躇してしまう、という方も多いのではないでしょうか。
ポイントさえしっかり押さえておけば、手間はかかりますが難しくはないので恐るるに足りず、です。

1 浴衣を脱いだら、まず一晩つるしておきましょう

まず、浴衣を脱いだら着物用のハンガーに一晩つるしておきましょう。

風通しの良い日影で干すことで、浴衣の湿気や匂いを取り除きます。
また、すぐに着る場合にはシワをとる役割にもなります。

帯も一緒に干してしまいます。

中に着ていた補正下着等はすぐに洗濯機で洗ってしまいましょう。
ネットに入れて洗えば大丈夫です。

浴衣 着方 しまい方 選択の仕方

2. 浴衣を洗う

一晩置いたら次は洗っていきます。

洗濯表示を確認

まずは洗濯表示を確認しましょうね。お家で洗濯できるかを確認しなければなりません。

基本的には家の洗濯機で洗えると思います。
高級品や面倒だなと思うのであれば、クリーニングに出すのが無難だと思います。
しかし、クリーニング代は少し高くついてしまうのが難点です。
洗えそうなものはコスト削減のためにも自分で洗ってしまいましょう。

浴衣はお水で手洗いが基本

基本的に浴衣は手洗いで洗います。

桶などに水をはります。このとき、ぬるま湯は絶対に使いません。色落ちの原因になります。

袖畳みした浴衣をしばらくつけ置きする

少量の洗剤を入れ、袖畳みした浴衣をしばらくの間浸けておきます。
袖畳みとは、浴衣の真ん中の背骨にあたる部分を中心に半分におります。そこから三つ折りにする畳み方です。

浴衣を押し洗いする

しばらく浸けた後は、押し洗いをしていきます。
シミや袖部分は直接洗剤をかけ、優しくもみ洗いをします。あまり強くこすりすぎると浴衣が痛んでしまいますので注意してください。

お水を何度か替えてすすぐ

水を何回か替えてすすいでいきます。
ゆすぎ終わったら畳んであるまま洗濯ネットに入れて脱水機で30秒ほど脱水します。
着物用のハンガーに形を整えます。手でシワを伸ばしながら陰干しをして乾かしていきます。

乾いたらアイロンかけ

乾かし終わったらいよいよアイロンをかけていきます。

スポンサーリンク

アイロンをかけると、ぱりっと綺麗に仕上がるので気持ちがいいですよね。
まず、浴衣の洗濯表示をみてアイロンの温度の確認をしておきましょう。
シワの部分に霧吹き等で少量湿らせてからかけていきます。
この際必ずテカリ防止の為、当て布をしてアイロンがけしてください。
少し引っ張りながら袖や襟をかけると綺麗に仕上がります。
かけ終わりましたらすぐには畳まず、熱や湿気を取る為しばらく置いておきます。

畳む

冷ましたら最後にしまっていきます。
浴衣は本畳みをしていきます。

たとう紙というもので包んでいきます。たとう紙には防湿効果があります。
1年に1度は、たとう紙の交換をするとさらに効果的です。

① 浴衣の衿が左側に裾が右に来るように広げる

② 前身頃を脇縫いに合わせておる

③ 下前部分の端と端が合うように縫い目に合わせておる

④ 自分が着物の横に座った時に(衿左裾右)奥にある衿を手前の衿に、前身頃の角を下前の角に合わせるように重ね合わせる

⑤ 袖の左角同士と前身頃と下前の端が合うように重ねる
首元部分を内側に折込み、約中心部分に縫い目があるので、それに合わせて首元の衿の端が重なるようにおる

⑥ 上の袖を向こう側に折り返し、浴衣の真ん中で浴衣を折り返す

⑥ たたんだ部分が崩れないように注意して全体を裏返す

⑦ 袖をこちらに側に折り返す

しまう

桐箪笥にしまうのが理想的です。

桐箪笥がないという方。
現代では、なかなかお嫁入り道具に切の箪笥を持っていくということはなくなりましたね。

そのままプラスチックのケース等にしまって大丈夫です。
その際は市販の防虫剤、防湿剤を一緒に入れて置いてください。
桐箪笥にしまう場合も入れておくと安心でしょう。

帯はクリーニングに出すほうが無難


帯は形が崩れてしまう恐れがあるので、家で洗うのは難しいです。
市販のファブリーズ等の消臭ケアを使い日陰で干してからしまうのが良いでしょう。
汚れが目立つようであればクリーニングに出してください。

まとめ

手間はかかりますが、難しい工程はありませんね。
せっかくの浴衣です。
ぜひ積極的に着る機会を作り、着ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。