土用の丑の日 の由来は?うなぎ以外のうのつく食べ物と行事食は?

土用の丑の日というと、夏というイメージがありますよね。
でも実際には、土用の丑の日というのは1年間に6回あるのです。具体的には、春夏秋冬のそれぞれの時期にあります。しかも、うなぎの旬は実は冬。冬のうなぎのほうが、油がのっていておいしいのです。

夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになった由来

それなのに、なぜ土用の丑の日といえば夏。
夏の土用の丑の日といえばうなぎを食す。
夏の土用の丑の日にうなぎを食べて夏バテをしないようにする、という風潮ができたのでしょうか。

それには2つの説があるようです。

① 昔からうなぎは滋養が高いとされていたので、夏の暑さに負けずに元気をつけるために食べられた。

② 江戸時代、平賀源内の知恵により、うなぎやの店先に「本日、土用の丑の日」という貼り紙をして大評判になったことから、この日にうなぎが食べられるようになった。

2番目の説によると、土用の丑の日にうなぎを食べるように流行らせたのは平賀源内だと言われています。江戸時代のことです。

平賀源内は、閑古鳥がなくうなぎ屋さんにうなぎを流行らせる方法はないかと泣きつかれました。そこで彼は、夏バテ防止に当時は「う」の付く食べ物を食べる風習があるのに目を付け、

「本日土用の丑の日」

という貼り紙をうなぎ屋の前に貼ってみたところ、大にぎわいとなり大繁盛したとのことです。それが土用の丑の日にうなぎを食べるようになった始まりとされています。

現在では、夏の土用の丑の日が近づいて来ると、大々的にうなぎが販売されるようになりましたね。けれども、うなぎは値段が高額で、国内産のうなぎを買って食べようと思っても、なかなか手が出ませんね。

土用の丑の日には「う」のつく食べ物を食べる

夏の土用の丑の日には、無理をしてでもうなぎを食べなければ、と思っている方がいるかもしれません。

でも、もともとは、土用の丑の日には「う」のつく食べ物を食べると病気にならないという言い伝えがあったとのこと。必ずしも、食べるものは高価なうなぎでなくてもいいのですね。

それでは、うなぎの代わりに、夏バテに良いと言われている「う」の付く食べ物を探してみましょう。

うなぎの代わりに食べるうどん

うどんは、喉越しが良く食欲のなくなる夏には食べやすい食べ物で、疲労回復効果や胃腸の働きを整えてくれます。

スポンサーリンク

うなぎの代わりに食べる梅干し

梅干しは、クエン酸が含まれており疲労回復に効果があり最近では熱中症対策でも注目されています。

うなぎの代わりに食べる瓜(きゅうり)

うりは、水分を豊富に含んでおり体にこもっている熱を冷ましてくれる効果があります。

うなぎの代わりに食べる

牛肉は栄養価も高く、焼肉など、まさにスタミナ食というイメージがあります。

うなぎの代わりに食べる

鉄分を多く含み、貧血改善や疲労回復にもぴったりの食材です。でも、あまりデイリーなものではありませんね。

土用の丑の日に食べるうなぎ以外の行事食

「う」の字がつかなくても、土用の丑の日に行事食とされている食べ物があります。

土用の丑の日に食べる土用餅

土用餅とはあんころ持ちのこと。
小豆は厄除けになると思われており、餅は力持ちという語呂合わせから。
土用の丑の日 卵 うなぎ以外 食べ物

土用の丑の日に食べる土用シジミ

シジミは栄養価が高く滋養食とされています。

また、肝臓の働きを助けることから「腹ぐすり」とも言われてきました。シジミを食べて肝臓を守りながら精力をつけて、夏バテを吹き飛ばしましょう。ビールの飲み過ぎにも注意です。
土用の丑の日 卵 うなぎ以外 食べ物

土用の丑の日に食べる土用卵

現在でこそ、卵は物価の優等生と言われ、かなりの安価な食材になりましたが、昔はたいへんな貴重品。完全色に近く栄養も豊富。優秀な栄養食品です。

もともとは、鶏が有精卵を産む時期が、土用の頃であったことから、土用に産み落とされた卵を土用卵として珍重していました。
土用の丑の日 卵 うなぎ以外 食べ物

まとめ

昔からあるこの夏の土用の丑の日というのは、季節の変わり目で体調を壊しやすいので、身体に良い食べ物を食べて夏バテに備えようとしたのですね。

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広く浸透していますが、うなぎに代わる他の食べ物でもだいじょうぶ。身体のために、良いものを食べようという心がけがたいせつなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。