七夕の由来と意味 七夕飾りの飾りつけの方法と時期 片づけ方法

七夕の行事は夜の空にロマンを感じる素敵な行事ですね。
ところで、その由来をあらためてみてみると、諸説があるようです。また、七夕飾りの方法や時期についても調べてみました。

七夕の由来と意味

七夕は日本古来の禊の行事、棚機(たなばた)と中国の行事、乞巧奠(きこうでん)に由来していると言われています。

棚機 たなばた

まず棚機ですが、乙女が着物を織って棚に置き、神を迎えて秋の作物の豊作を祈ったり、人々のけがれを払うという行事です。

乞巧奠 きこうでん

乞巧奠(きこうでん)とうのは中国の星伝説とともに伝わった行事です。織姫は糸や針などの縫い物を、ひこぼしは農業の仕事を司る神だと言われてきました。

これが日本に伝わり、奈良時代の孝謙天皇が技術や芸能などの上達を願ったことが始まりでした。

その後、この行事は宮中に伝わり、女性たちがお供え物をして、裁縫や芸術ができるようにと祈った、女性のイベントとなりました。

しかし、その後、おりひめとひとぼしと呼ばれている星、ベガとアルタイルは天の川を挟んでとても光り輝いていることから、男女の恋愛に関する行事となり、室町時代には宮中行事となりました。

それから現在に至るまでに、一般庶民にも広まり、当初の意味合いとは異なりますが、みんなが7月7日にお願い事をする行事となりました。

七夕になぜ願い事をするの

七夕に願い事をするのは、乞巧奠(きこうでん)で女性が芸術や裁縫の上達を祈ったことが始まりとされています。

それが江戸時代になると、寺子屋で習字が上手くなるように短冊に願い事を書いたというのが,今の短冊に願い事を書く習慣になった、ということです。

現在では芸事だけでなく、各々の悩み事や、こうなればいいなーと思うことなど、様々なお願い事をするようになりましたね。
七夕 願い 笹飾り 短冊

七夕飾りの飾りつけの方法は  飾りつけの時期はいつからいつまで

七夕の飾りつけの方法

七夕では笹の葉に短冊を吊るします。
笹の葉に吊るすようになったのは、笹は古来より神聖なものであると考えられていたためです。笹は根強くて,風雪にも寒暖差にも強く神聖で、また笹の音は神様を招くものとして扱われていたようです。

五色の短冊

また歌で「五色の短冊」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この五色とは中国の五行説にちなんだもので

スポンサーリンク

赤、青、黄、白、黒の5色であり、

それぞれ火、木、土、金、水の意味があり、

世の中はこれらでできていると考えられていました。

現在では青、赤、黄、白、浅黄、紫の5色が一般的です。

この5色の短冊にお願い事を書いて笹の葉に吊るします。

短冊以外の七夕の飾り

七夕 短冊 笹飾り 願い事 織姫 彦星
七夕の飾りは短冊の他にも色々あり,それぞれ意味があります。

紙衣・・・女子の裁縫の腕が上がるように
巾着・・・お金が貯まりますように
投網・・・豊漁になりますように
くずかご・・・整理、整頓、物を粗末にしないように
吹き流し・・・織姫のように機織が上手になりますように
千羽鶴・・・家族が長生きしますように
短冊・・・願い事がかない、字が上手になりますように
一つ一つの飾りつけにもきちんとした願いがあり,それを知ると七夕の飾りつけも楽しくなりそうですね。

飾りつけの時期はいつからいつまで

さて七夕飾りはいつ飾り付けをするのでしょうか?正式には6日の夕方から夜ということです。地方によっても様々なようですが,基本は七夕飾りは、6日に飾って一晩おいて7日中までにしておくというのが正しいようです。

七夕飾りの後片付け

正式には海や川へ流すという、「七夕送り」という方法があります。でも、現在では自然環境を考えると川に流すことはできませんね。

もともとは、海や川に流し、神様に持っていってもらおうという事からおこなわれたようです。

燃やすという方法もあります。

燃やした煙が天に昇っていくように、願い事が天まで届きますようにという願いがあるようです。しかしこちらも、現実にはゴミ問題も発生するので普通に可燃ごみとして出すのが無難だと思います。
七夕 笹飾り 由来 飾り方 願い事 短冊

まとめ

七夕の由来や、飾り付け、短冊に願い事を書くようになったことなどについてご紹介してみました。

七夕の由来や飾り付けなどいろいろな事を知ると、七夕とい行事が、より楽しくなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。