お香典とは 相場は 渡し方は 不祝儀袋の書き方は

訃報は、いつも突然やってくるものです。故人が親しかった方や古くからお世話になっていた方であればあるほど、心も動揺してしまものです。しかしそんな時こそ故人を偲び、ご遺族を気遣い、マナーを持って静かに見送りたいものです。そんな突然の訃報を受けた際にも、最低限の知識を持っておくことで役立つことも多いのではと思い、今回は通夜や葬式(葬儀)に於けるお香典に関わる様々なことについて考えてみたいと思います。

お香典とは

お香典は、通夜または葬式(葬儀)の際に持参し、お線香やお花の代わりに故人の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋(香典袋)に入れたものです。故人との親しさの度合い・深さによって、お香典として包む金額も異なってくるものとされていますが、どれほどの金額にしたら良いものかという点に悩まれる方も少なくありません。

お香典の相場

お香典に包む金額は、故人との親しさやどれだけお世話になったのか、また参列される方の年齢によっても異なってきます。こと家族や親戚の場合には、育ててくれた感謝の思いも金額に現れてくるのが常識とされています。後々言葉には出さずとも、お香典にいくら包んだかを比べられご遺族との関係を乱すことに繋がるのも不本意となることから、相場に合った金額をお香典に包んで持参するのが大人のマナーと言って良いでしょう。

ここで紹介する金額は、お香典に於ける一般的な相場(大体これくらい)として参考にして頂ければと思います。

「職場関係では3千円~1万円」

職場関係のお香典の相場としては、3千円・5千円・1万円といった金額とするケースが多いようです。無難な線を選ぶのであれば、5千円を目安とされるのが良いかもしれません。

「家族・親戚関係では3万円~10万円」

ご両親へのお香典では、それこそ育ててくれた感謝の気持ちを含め10万円とされるケースが多いようです。喪主への気遣いの面も大きいでしょう。ご兄弟やごく近い親戚については、3万円~5万円ほど。その他親戚関係については、1万円を選ばれることが多いようです。

不祝儀袋(香典袋)の選び方

不祝儀袋(香典袋)とは、通夜や葬式(葬儀)に現金を包んで持参する際の袋となります。今や急な訃報に備えコンビニなどでも扱われていますが、水引が印刷された簡素なものから、中袋があり二重となっている正式なスタイルのものまで様々あります。選び方のとしては、中に包む金額に合わせたグレードのものにする良いでしょう。

お金の入れ方

色々調べれば調べるほど、お香典についてマナーとされていることは様々言われているのですが、基本的な部分だけでも押さえておけば良いかもしれません。

新札は包まない

急な訃報に対してのものですから、改まって準備しておいた様な新札を包むのはNGです。もしも新札しか用意出来なかった場合には、折り目を付けるなどして入れるのが良いでしょう。

お札の向きを揃える

お札には表と裏がありますが、無造作に入れるのではなく、表裏や向きを揃え、不祝儀袋の表側がお札の表側となるように入れるのがマナーです。

不祝儀袋の書き方

「表書きの書き方」

お香典と言っても、持参する不祝儀袋の表書きは亡くなられた故人の宗教によって変わってきますので、難しい点の1つとも言えます。

スポンサーリンク

故人の宗教が分らない場合

本来であれば訃報を受けた際に先方から故人の宗教などを確認出来れば良いのですが、聞けなかったりするケースも多いので、その際にはどんな宗教でも使える「御霊前」を用います。また、「御霊前」は、通夜・葬式(葬儀)どちらでも使えるものです。

宗教が分っている場合

仏教・仏式 なら、「御霊前」の他、「御香典」や「御香料」などが用いられます。一番無難なのは「御霊前」であるのは間違いありません。また、香典袋には「御佛前」や「御仏前」といったものがありますが、これらは四十九日以降の法要の際に用いるものなので注意しましょう。
キリスト教式なら、表書きは仏教・仏式同様の「御霊前」もしくは、「御花料」となります。不祝儀袋には蓮の花のついていないものを選びます。蓮の花の絵がついているものは、仏教以外には使えません。
神式でも基本は「御霊前」で構いません。その他には「御玉串料」や「御榊料」などが用いられます。

「下段の書き方」

不祝儀袋の下段(水引の下)には、参列者の方の名前をフルネームで書きます。スペースのバランスを考慮して、バランスよく書けば良いでしょう。また、参列すべき方が出張などで参列が叶わず妻が代理で参列する場合には、参列すべき方の名前の左下に「内」と小さく書き添えます。「山田 太郎」なら「山田 太郎 の左下に「内」」となります。ちなみに、受付で香典を渡した際に書く「参列者名簿」に名前を書く際にも、同じように「内」を書き添えます。

お香典を連名で渡す場合

・最大でも3名までが一緒にお香典を包む場合なら、右から順に一番目上に当たる方→二番目の方→目下の方の名前を書かれる形になります。会社関係の方で一緒に包まれるなら、一番右へ会社名を書くのが良いでしょう。

・3名以上で名前を連ねるのが難しい場合は、個人関係なら表書きには代表者の名前を中央に書き、その左へ「他○名」と書いた上で、中袋に各自の名前と金額など詳細を書くようにします。
職場で同僚などが一緒に香典を包む場合には、中央には「会社名 ○○部一同」などと書き、中袋へ皆の名前などを書くのが良いでしょう。

お香典の渡し方

通夜・葬式(葬儀)ともに参列する場合には、お香典は通夜の1回持参すれば良いと考えるのが一般的です。お香典を何度も渡すというのは、「不幸が重なる」と言われ良くないと言われている為です。参列する最初のタイミングでお渡しするのがベターでしょう。

受付では「この度はご愁傷様でございます」と一礼し記帳を済ませた後、ふくさから不祝儀袋(香典袋)を取り出し、表面で受付の方に向かって正面となるように渡します。渡す際には、「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えられればベストです。最近はあまりないケースですが、受付がなく直接御霊前に供えるスタイルの場合には、表書きを手前が正面になるように供えるようにします。

お香典を郵送する場合

遠方であったり、出張中でどうしても通夜・葬式(葬儀)に参列することが叶わず、更に代理も立てられない場合にはお香典を郵送で送ります。その際には、お香典を現金書留で郵送することになりますが、添え状へは通夜・葬式へ参列出来なかった訳や、お悔やみの言葉を添えて送るのが最低限のマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。