ゴキブリ対策 ごきぶりの侵入経路は 経路を断つ対策は

ゴキブリ嫌いの方は世の中に多いですね。

1匹でも見つけると、大騒ぎしてやっつけなければ気がすまない方、きゃぁきゃぁ言って怖がる方などいろいろです。

実は、私はゴキブリを見ても、きゃぁと言うタイプではありません。ゴキブリはネズミや蚊などと比較すると、人間に悪いウィルスなどをそれほど持ち込まないといわれています。

それでも、もちろんいないこしたことはありません。とくに、ゴキブリが残す糞を見ると、とても嫌な気持ちになります。しかも、

「ゴキブリを1匹見つけたら、家の中には100匹いる!?」
と言われているそうです。それを考えると、さすがに気持ち悪くなってきます。

1匹のゴキブリの寿命は4ヶ月ほどと言われていますが、その間に40匹ほどの卵を産み落とすとのこと。確かに見つけた1匹がすでに卵を産んでいたりすれば・・・。(想像したくもありませんが)
毎年暖かい時期になると、その遭遇回数も多くなってくるゴキブリ。家の中はいつもキレイにしておこうと、お掃除を心掛けてはいても入ってきますよね。いったいゴキブリは、どこから家の中に入ってきているのでしょう?。

ゴキブリの侵入経路は

ゴキブリ 侵入経路 退治 
ゴキブリはどうこからどうやって家の中に入ってくるのでしょう。代表的な侵入経路を、1つ1つ取り上げてみたいと思います。それぞれの侵入対策については、後ほど詳しく紹介していきます。

1.エアコン

エアコンは、ゴキブリの侵入経路の1つになります。実際には、排水用のホースや室外機からエアコンに繋がるホースが侵入経路になります。またエアコン内部に溜まる水滴は、ゴキブリに必要な水分補給に最適のようです。

2.排水管

家の中から下水道へと繋がる排水管。台所や洗面所だけでなく浴室や洗濯機の排水管も考えられますが、排水管にまつわる意外な所からも侵入経路になり得ます。

3.ベランダ

ベランダに面した窓のサッシや、網戸がわずかにあいてわずかに開いているとその隙間から家の中へと侵入してきます。また人の様子をうかがっているかの如く、洗濯物を干したり取り込んだりしている間に、ササッと侵入してきます。ベランダで鉢植えの草花などを育てている方は、要注意です。肥料がゴキブリの格好のエサになっているかもしれません。

ゴキブリを侵入させないエアコン対策

ゴキブリが家の中へ侵入してくる経路の1つが、エアコンの排水用のホースや室外機からのホースです。

対策としては、排水用のホースの先端に細かい目のネットを被せておくと効果的です。

また、室外機からホースを家の中へ通す穴が壁に開いていますが、ホースと壁に隙間がある場合には、ホームセンターで売られている「穴埋めパテ」などで埋めてしまいましょう。

ゴキブリを侵入させない排水管対策

台所や洗面所、浴室の排水管は、ゴキブリの侵入経路になり得ます。

下水管を伝って入ってくるのですね。
忘れてならないのが洗濯機の排水管です。

スポンサーリンク

しかし、現在の住宅では、下水の匂いが上がってこないために排水管にトラップと呼ばれるU字の曲がった部分があるが一般的なので、実際には排水管の内側を伝って上がってくるというのは少なくなってきているようです。

台所や洗面所の下の扉を開けてみて、排水管がU字に曲がっている部分があれば大丈夫です。

排水管まわりの意外な侵入経路としては、先のエアコンのケースと同様に排水管を通す穴と排水管の隙間があります。この隙間は家の外へと繋がることもあるので、隙間があるのであれば、やはり「穴埋めパテ」などで埋めておいた方が良いでしょう。

ゴキブリを寄せ付けないベランダ対策

ゴキブリ対策 ベランダ 侵入経路
ベランダに面した窓のサッシや網戸の隙間は、代表的なゴキブリの侵入経路の1つです。

人の出入りのわずかな時間を狙って侵入してくる場合もあります。しっかりしめたつもりでも、窓枠とサッシや網戸に隙間が生じている場合には、ホームセンターで売られている「隙間テープ」を利用したいところですし、網戸では「破れ」「穴」などにも注意したいところです。

また気持ちの良い環境作りをと、ベランダで草花を育てていらっしゃる方も多いと思いますが、草花の成長のためにと入れている肥料がゴキブリの格好のエサになってしまうことがあります。

ベランダに花が咲いている様は実にキレイで気持ちの良いものなのですが、ゴキブリ対策としては、できれば何も置かないでおくのが良いと思います。

最悪なのは、「次のゴミ収集日まで…」とベランダにゴミ袋を放置することです。食べ残しや、飲み物の空き缶などの匂いにゴキブリが寄ってきて、ついには家の中へと侵入してきます。

まとめ

ゴキブリ 退路 侵入経路 対策 退治
ゴキブリは、ほんとに、ちょっとしたところから、ちょっとしたものに群がってくるのですね。

しかも、そのほとんどは、私たちの見えないところに身をひそめていて、知らないところで活動しているのですから嫌になります。

「ゴキブリを1匹見つけたら、家の中には100匹いる!?」
という事実を思い出して、マメに退治をしましょう。

「コンバット」
「ブラックキャップ}

など連鎖駆除効果のある殺虫剤などを家中に仕掛け、隠れ住んでいると思われる(想像したくないですが…)ゴキブリたちも退治していくことが必要ですね。

アシダカグモがゴキブリを捕食してくれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。