【七夕祭りに行こう!】お勧めの七夕祭り6選と、東京ディズニーランドの七夕祭り

七夕の日に願いをこめて短冊を書く、子供のころにはどきどきしながら書いたものですね。

今年は、そんな気持ちを思い出しながら、また短冊を書いて天に願いを届けてみたいと思います。

今日は、全国の七夕祭り7選をご紹介します。

【日本三大祭り:仙台七夕祭(宮城県仙台市)】

七夕祭り 仙台
七夕祭りといえば、これですよね。大きな飾りがだらりとたくさん垂れて、東北三大祭りの1つでもあります。その始まりは古く1973年、天明の大飢饉からの復興を目指し開催されたのが始まりです。その後、廃れていた時期もあるのですが、1927年に再興され、1946年には昭和天皇もいらっしゃいました。七夕というと、7月7日ですが、1か月遅れの8月に開催されるのも1つの特徴となっています。

【日本三大祭り:一宮七夕まつり(愛知県一宮市)】

1956年始まりのお祭りです。七夕のお話、牽牛と織女の物語は織物と深いつながりがあるのですが、実のところ、一宮は織物の街です。そんなこともあり、「織物感謝祭」という言葉が先につくこともあります。こちらも7月7日ではなく、7月下旬の数日間をかけて開催されています。市民参加型であることをたいセルにしています。

【日本三大祭り・関東三大祭り:湘南ひらつか七夕まつり(神奈川県平塚市)】

1950年始まりのお祭りです。湘南という土地柄もあり、毎年、100万人は有に超える人が集まります。こちらのお祭りの最大の特徴は、夜も楽しめるところです。電飾で飾られて、昼間見るのとは違う雰囲気を醸し出します。開催日はもともとは7月7日と土日を意識した設定だったのですが、最近は7月の第1週目の週末が意識されているようです。

スポンサーリンク

【関東三大祭り:入間川七夕まつり(埼玉県狭山市)】

はっきりした年までは分かりませんが、江戸時代の中頃からそれらしいものがあったようです。毎年8月第1週目の土日に開催されています。しかも、土曜日には花火大会が開催されているので、七夕と花火を一緒に楽しめてしまいます。天気が悪い場合は、花火大会は日曜日に順延されるので、注意が必要です。こちらの七夕飾りにも電飾がついているので、夜も楽しめます。

【関東三大祭り:茂原七夕まつり(千葉県茂原市)】

千葉県内のお祭りでは最大の集客力を誇ります。第1回は1955年です。毎年7月下旬の金・土・日に開催されます。1つのお祭りというよりも、その期間内に、阿波踊りやヨサコイと言った複数のイベントがあるという感じでイメージされると良いかと思います。祭りの様子は、日を改めて、地元テレビでも放送されるので、地元の方であれば1度の祭りを2度楽しめます。

【願い事日本一:安城七夕まつり(愛知県安城市)】

1954年に始まったお祭りです。8月第1週目の週末に開催されます。もとは日本三大七夕祭りの1つと名乗っていたこともあるのですが、今は願い事日本一を名乗っています。そのため、マスコットキャラクターの名前は「きーぼー」と言います。運よく、岡崎市の花火大会と日程が重なると、このお祭りのある場所からであれば、その花火も楽しめてしまうそうです。

【おまけ:東京ディズニーランドの七夕祭り】

毎年6月中旬から7月7日まで開催されています。浴衣で遊び来られる方も多くいるのも1つの特徴です。ディズニーランド内が七夕を意識した飾りつけになるのはもちろんのこと、ミッキーとミニーのお洋服は七夕バージョンに変化します。毎年、願い事をつるす場所があるのですが、それに使うカードはスタッフの方から無料でもらえます。また、七夕限定の特別なグッツやメニューに一定額以上払うと、特別なデザインのウィッシングカードももらえます。

まとめ

どこのお祭りも、それぞれの街の味わいが加わって魅力がいっぱいですね。
花火大好きな私。今年は、どこの七夕祭りに足を運ぼうか思案中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。