年中行事

七夕祭り 全国の気軽に行けるおすすめ 5選

夏のお祭りと言えば花火大会ですが、その前に七夕祭りがありますよね。
今日は、こじんまりとした全国の七夕祭り5選を集めてみました。

気軽に参加できるお祭りばかりです。

北海道の七夕祭り、ローソクもらい

北海道の函館だけに伝わるお祭りで、ローソクもらいという行事があります。
これは、七夕の日の夕方から夜にかけて、子供たちが民家を回り、ねぶたに灯すろうそくを集めるというものです。ろうそくとともにお菓子ももらえるとあって、子供たちにはとても楽しみな行事です。
函館の七夕祭りは道内の他の地域より早く、7月に開催されます。

名古屋の七夕祭りなら、円頓寺七夕祭り


円頓寺商店街で開かれる七夕祭りは、イベントが盛りだくさんです。
商店街に入ってまず目に飛び込んでくるのは、アーケードからぶら下がった、巨大なはりぼて七夕飾りです。大道芸や阿波踊り、消防隊の音楽パレードなど、一日いても飽きさせないイベントが目白押しです。家族みんなで遊びに行きたいですね。
名古屋円頓寺七夕祭りは、7月末からの開催です。

東京は神田明神の七夕祭り


神田明神で行われる、正統派のしっとりとした七夕祭りです。
七夕祭という名前で開催され、お願いごとを書いた短冊を笹に結び付け、祈願祭を行います。この短冊は、誰でも無料でもらえるので、気軽に参加できるのが嬉しいですね。
華やかなお祭りから一歩離れて、落ち着いて願いをかけたいカップルさんにおすすめです。七夕期間限定で販売される、えんむすびお守りも可愛いですよ。お友達へのおみやげにもおすすめです。
神田明神の七夕祭りは、七夕の日、7月7日に開催されます。

スポンサーリンク

近畿地方の方におすすめ、おかげ横丁七夕の節句


おかげ横丁は、伊勢神宮で有名な伊勢市にあります。お伊勢参りに訪れる方をおもてなししようという思いから、お店が集まって始まりました。
子供向けのイベントとして、風鈴の絵付けや、笹船レースなどが楽しめます。笹飾りや裁縫道具の販売もあり、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にのんびり歩くのもいいですね。昔ながらの七夕飾りは、懐かしい気分になれそうです。
おかげ横丁七夕の節句は、7月に開催されます。

九州に行くなら、大分七夕祭り

青森のねぶたのような、府内戦紙(ふないぱっちん)と呼ばれる巨大な山車が見どころです。大分市の中心部を、20基以上の山車が練り歩くさまは圧巻です。歩行者天国となった商店街が、勇壮な祭りの舞台となります。
約1000人の踊り子が踊るイベントや、花火大会も同時に開催されます。豪華でイベント盛りだくさんの七夕祭りです。
大分七夕祭りは、8月に開催されます。

まとめ


仙台の七夕祭りのような盛大なお祭りも楽しいですが、街の商店街やアーケードなどで、気軽に参加できる七夕もいいですね。

私も、今年は、近くの商店街の七夕祭りを楽しもうと思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。